人生で成功する方法(3)

セルフイメージ
最後に外観を変えたのはいつでしたか?
例えば、その髪型は、いつから変えていませんか?
セルフイメージを変えることで、安全地帯を飛び出しましょう。


今までと違ったヘアスタイルにし、髪やお化粧の色も変えたり、
ひげをそったり、伸ばしたり、今まで来ていた服と違うイメージの服
を着てみたり、いろいろと変えてみましょう。


セルフイメージを変える方法はたくさんあります。
少し変えただけで、新鮮な気持ちになれます。


セルフイメージをポジティブに変えれば、気分も良くなりますし、
何でもできるという自信に満ちあふれることでしょう。


何か今までと違ったことをしてみましょう
今までと違った、習慣的にできる目標を、週ごとに決めましょう。
あなたを押し込めていたワンパターンの習慣から脱却し、世界を広
げることができます。


少なくとも、週に1度は試してみましょう。
最初は、小さな変化でもかまいません。


昼食に行くレストランを変えるとか、食べたことのないメニューに
してみるとか、そんなささいなことで良いのです。


日常生活で徐々に変えられる部分は、たくさんありますよ。
新しい趣味を始めましょう
新しい趣味を始めましょう。


ダイエット、読書クラブ、ワインテイスティングといった趣味の集
まりに、毎週参加してみましょう。


普段の趣味とは、毛色の違ったものを選びましょう。
普段は出会えない人や場所との出会いが期待できますよ。


毎週違ったことを試して、新たに興味を持てるものを探してみるの
も、良い方法です。


恐怖心と向き合いましょう
未知のことを始める場合、いつもと違ったことをするのは怖いものです。
しかし、この恐怖心と向き合ってこそ、自分自身が進歩するのです。


出会ってみなければ、怖いものかはわかりませんよ。
ですから、初めてで怖いなと思うことを、毎週やってみましょうよ。
自分ひとりで、成功に向かって進まなければならない理由とは?


人生で成功したいと思えば、自分自身が一歩踏み出さなければなりません。
何もしないで、今の状況にふんぞり返っても、何も始まりません。


人生やあなた自身をより良くするための方法を、常に模索し続けましょう。
潜在能力をフルに活用して、自己啓発をしましょう。


自分自身を木に例えてみましょう
木は、苗木から育ち、絶えず枝を四方に伸ばして、地中に深く根を
張ります。


木は、決して成長をやめません。
あなたも、成長し続けてください。
一生、前向きに冒険をしましょう。


それが、成功に至るカギです。
今持っているものは何ですか?


次に、今現在、すでに持っているものを知りましょう。
例えば、今持っている才能や資格はありますか?
それを伸ばすには、どうしたら良いでしょうか?


じっくりと腰をすえて考え、正直な自己評価をしましょう。
これが、自己啓発に役立ちます。


自分自身を正確に評価できないとお考えなら、友人家族に頼みましょう。
ですが、自分に対して、正直になってください。


自己啓発したい部分がわからなければ、改善はできません。
発展させたい部分、より良くしたい部分を明確にしましょう。


目標を達成するには、どのようなスキルが必要か、どの部分を延ば
せば良いかをはっきりさせることです。


簡単なことから始めましょう
改善したい部分を決めたら、この決定に従います。
ただし、いきなり大きな目標に向かって突き進んではいけません。


すぐに結果を出そうとするのも良くありません。
成功する秘訣は、小さな目標から、一つずつ攻略することです。


今の状況を再評価しましょう
ときどき、自分の現在の状況を再評価し、正しい方向に向かってい
るかを確認しましょう。


そうすれば、誤った方向に進んで、目標を見失うといった状況も防げます。
一度に複数の目標達成を目指す場合は、目標達成に関する日記をつけると良いでしょう。


これで、達成度がよくわかります。
目標達成したら、自分にごほうびをあげましょ。


首尾よくいったら、自分にごほうびをあげるのを忘れないでください。
ただし、そこで歩を止めず、次なる目標に向かって前進してください。


目標達成したら、自分の成し遂げたことに誇りを持ってください。
しばし骨休めをして、鋭気を養い、新たな目標達成へと乗り出しましょう。


さらなる成功への道のりに、必ず戻るようにしてください。
規律を身につけ、健康的なライフスタイルを手にしましょう。
規律を持つことは、人生において有益です。


子どもの頃は、しつけによって、物事の善悪を学びます。
おとなになっても、自制心が大いに役立ちます。


自制心を、人生の様々な面で使うことにより、より幸せで健康なラ
イフスタイルが送れます。


楽しいからと言って、何でも自分の好きなようにすれば、どんどん
事態は悪くなり、健康も乱します。


自制心とは、自己を否定するものではありません。
自分のためになることを選択する力です。


毎日の食事や運動量についても、自制心を持って自分を律しましょう。
選択したものが健康的であるかどうかはわかっても、常に賢明な選
択ができるわけではありません。


ときどきならばまあ、選択を誤っても良しとしましょう。
でも、自制心を失えば、すぐに健康に影響が出ますよ。


ほら、ウエストラインのゆるみで、すぐにわかります。
私たちは、しょっちゅう健康なライフスタイルを始めようとか、何
かを始めようと決心します。


新年の始まりに、よくこのような誓いを立てますよね。
この決意を曲げない人もいますが、すぐに考えを変えたり、あきら
める人も多いでしょう。


すぐに挫折して、もとの木阿弥です。
自制心を保つのは、容易なことではありません。


ライフスタイルを大幅に変えたいと思うなら、特に意志の力が必要
になってきます。


それでも、できないわけではありません。
人生のあらゆる面で、自制心を保つ方法を、いくつかご紹介します。

・ 何か決心したら、その責任はあなただけにあるのです。
自制心が足りなくて失敗しても、人のせいにはできません。

・ 人生において誤りを犯したら、そのことから何かを学びましょう。
気を取り直し、これからは自制心を持とうと考えましょう。

・ 実現できそうな目標を立てましょう。
目標を紙に書いたら、目標達成に全力を注ぎましょう。
目標は、自己を律するのに大いに役立ちます。

・ 次の仕事に移る前に、前の仕事をきちんと終わらせましょう。

・ 目標達成から目を逸らす、他者からの誘惑を退けましょう。
なんやかやと誘惑の手は多いですが、初志貫徹しましょう。

・ やったことのないスポーツに挑戦しましょう。
自制心がないと上達しないスポーツなら、自己啓発に役立ちます。

・ 自制心によってプラスになったことに注目しましょう。
日記をつければ、簡単にわかります。

・ 自制心不足で起こる結果を想像しましょう。

・ ストレスのあるときは、意志力も弱まるものです。
ですから、リラックスできる方法を身につけましょう。

・ 目標を逸脱したときと理由に注目しましょう。
これも、日記を見ることでよくわかります。

・ 挫折しそうになったり、失敗しそうだと思ったときは、自己肯
定をしましょう。


スポンサーリンク