成功のための自己啓発(1)

スケジュール管理でストレスをなくす方法

ストレスをなくすためには、今日のせわしない世界で物事を管理し、
うまくスケジュール調整することが肝要です。


効率良いプラン作り次第で、思ったとおりにいく、うまいスケジュ
ール調整ができます。


最も効果的な方法は、時間と仕事を箇条書きにし、優先順位をつけ
ることです。


人生において、最優先事項を決め、達成すべき目標を設定しましょ
う。



目標と優先順位決定

効率良い時間管理をし、一日を最も有効に使うためには、自分の生活を
把握し、しなくて済ませたいことや、願望達成のために必要な
ことを決定しなければなりません。


次に、優先順位を、効率的に決定する必要があります。
自分にとって、より重要な事項を選びましょう。


さらに、ある仕事にどの程度時間がかかるかを理解した上で、
その時間を検討する必要があります。
日記をつけると、この作業が楽にできます。


また、スケジュールや日常生活のリストを作り、個々の行動にかか
る時間を検討しましょう。


この行動とは、仕事、勉強、運動、睡眠、余暇といった時間を表し
ます。


この行動を把握したら、自分の時間の使い方を評価し、効率良く使
えるスケジュールを作りましょう。



優先事項に当てる時間のマッチング

時間の使い方の効率化を図るためには、具体的なリストを用意し、
優先事項に当てる時間を配分する必要があります。


個々の仕事に割り当てる時間を考慮するだけでなく、その時間を有
効に使えるかどうかを自問する必要もあります。


勉強するとき、できるだけその情報を理解できそうなときに、勉強
しますよね。


疲れて集中力が切れれば、1日の終わりでも、早い時間でも、勉強
を終えますよね。



効率良い時間管理のヒント

・ 大きな仕事を小さな仕事に分割して、一つずつ取り組めば、大
きな仕事をいきなり抱え込むよりも、ストレスがかなり軽減できます。

・ ルーティーンワークを減らしましょう。
あまり必要でないルーティーンワークについては、できるだけ削除します。

・ 習慣的なことについては、変更可能かチェックしましょう。
別の方法を使えば、時間が短縮できるかもしれません。

・ 夜型か朝型かを考慮に入れ、どのような時間の使い方がベスト
なのか考えましょう。

・ 誰かに何かを頼まれたとき、「ノー」と言える方法を覚えましょう。
あなたが断れない人だと思われれば、誰からも利用されてしまいます。



時間管理スキルトップ10

時間管理に成功する人は、自己管理ができる人です。
実際には、自己管理に時間を費やすのは無駄だと思われがちですが、
そんなことはありません。


より効率良い自己管理をして、時間管理に成功する方法はたくさん
あります。


時間管理に成功するためには、ある戦略を用いて、自分自身を管理
し、ストレスを緩和することが必要です。
時間管理の成功は、この点にかかっているのです。


1. たくさんのことをしようとし過ぎている…今日の多忙な世の
中では、今日のうちに物事を終わらせたいと思う人がたくさんいます。
その結果、急ぐだけ急いで、結局うまくはかどらないのです。

せっかく時間を割いてもミスが起こったり、仕事が半分しか
終わらなかったり、何かを達成したという感がしないままに
なってしまうのです。


2. 優先順位の欠落…時間の無駄の最大の原因はこれです。
うまく時間管理をするには、その日1日の優先事項を明確に知る必要があります。
優先順位をつけなければ、どうでも良い仕事に時間を割いた
挙句、重要な仕事ができずに終わってしまいます。


3. 中断…1日のうちには、何度か仕事を中断する羽目に陥るものです。
誰かがやって来て、ちょっと時間があるかどうか尋ねようも
のなら、30分、あるいはそれ以上つぶれてしまうでしょう。
こういった日常の障害への対処法を知ることが、時間管理には不可欠です。


4. 優柔不断…今実際にやっている仕事ではなく、しなければな
らない仕事について考えるのは、最大の時間の無駄です。
考える時間を減らせば、時間にゆとりができます。


5. 「ノー」と言う方法を覚えましょう…何かしてもらえるかと
言われて、「ノー」と言えない人が多いのです。
人を怒らせるのは怖いと思うようですが、人の仕事にまで責
任を持てば、自分の仕事をする時間がなくなり、ストレスを受けてしまいます。


6. 乱雑…机や作業場の周りをチェックしてみましょう。
どこに何があるかわかりますか?
ファイルをくださいと言われて、すぐに取り出せますか?
それとも、探さないと出て来ませんか?
机や作業場がちらかっていると、何をするにも時間がかかります。


7. 自分で締め切りを決めましょう…プロジェクトの妥当な締め
切りを割り出し、それを守りましょう。


8. E-mailと通話の管理をしましょう…E-mailを読んだり、電話
をかけたりする場合、うまくやりくりしましょう。

そうすれば、絶えず電話に出たり、E-mailの返信をしたりと
いった雑事に振り回されなくて済みます。

E-mailのチェックと返信する時間、あるいは電話の応対をす
る時間を決めておきましょう。

こういったことに時間をとられて、プロジェクトがなかなか
進まないといったことが考えられます。


9. 行動予定表を使いましょう…予定表に行動予定を書いておけ
ば、時間の節約に役立ちます。
仕事を時間帯ごとに割り当てていけば、1日の行動予定が立
ち、効率的な時間の使い方ができます。


10. 並行作業は避けましょう…同時に多数のプロジェクトを並行
して行えば、時間効率の悪い仕事しかできません。

まず、ひとつのプロジェクトを終了させてから、次の仕事に取り組みましょう。
そうすれば、プロジェクト終了や、時間内に何かを達成した
ことに対する満足感が得られます。


スポンサーリンク