無料レポート公開

無料レポート
インターネット上で情報を探しているとき、どのくらいの頻度で
「無料レポート」という言葉を目にしますか?
非常に多いでしょうね。


近頃では、あらゆるテーマに関して、無料レポートが提供されている
ように思われます。
一体、なぜでしょうか?


なぜ、わざわざ苦労して書いたレポートを、無料で配布してしまうのでしょう。
答えはかんたんです。


目的は、無料レポートの販売ではありません。
無料レポートを使って金儲けをするのが、本当の狙いなのです。


肝心なのは、無料レポートと引き換えに、人々の名前とE-mail アドレスを手に
入れることです。無料レポート自体には、さしたる価値はありません。


無料レポートをダウンロードした人の名前やE-mail アドレスが、
何よりも貴重なのです。


インターネット上には、2 種類の人がいます。
マーケティングの達人と、ずぶの素人です。
しかも、素人のほうがずっと数が多いのです。


マーケティングの達人なんて、ほとんど皆無に近い存在です。
「無料」レポートを作り、多くの人にダウンロードしてもらえるような達人は、
ほとんどいません。


これでは、せっかく無料レポートを作ったところで、何年たっても、充実した
オプトインメールリストなどできるはずがありません。


多くのインターネットマーケターが、メーリングリストに登録させるインセン
ティブとして、無料レポートを利用しています。
こんな手垢のついたやり方では、もはや効果が薄いでしょう。


メーリングリスト登録のインセンティブとして提供する無料レポートには、
マーケティングの天才と言われる人の販売戦略といった、役に立つ情報が書かれてい
るものです。


しかし、必ずしもそれが、販売につながるようなリスト作りに役立つとは限りま
せん。

インターネットマーケティングと、店舗販売の境界は、どんどんあいまいになっ
てきています。お好きな検索エンジンで「無料レポート」を検索してみてください。


あらゆる製品やサービスに関して、「無料レポート」という語がヒットするでし
ょう。


飲料、スポーツ、音楽、企業間マーケティングなど、たくさん見つかるはずです。
こういった無料レポートのポイントは同じです。


貴重な(?)情報と引き換えに、見込み客から名前とE-mail アドレスを聞き出
し、製品やサービスの販売に利用することです。


インターネット上でも、実店舗でも、無料レポートがオプトインリスト構築に
利用されていますが、ためになる情報が必須です。


目新しい情報である必要はありませんが、正確な情報をうまくまとめることが必
要です。文法や文字の誤りは、許されません。
情報を、読者にはっきりわかる形で伝える必要があります。


無料有料にかかわらず、よいレポートとは、読者の役に立たなければなりません。
また、常に最新のデータを使うように心がけましょう。


無料レポートで肝心なことは、レポート自体ではありません。
現代のマーケティングの天才が、そのことを証明しています
しかし、成功を手にできる方法は、レポートだけです。


スポンサーリンク