ジョイントベンチャーの利用

インターネットマーケターは、「ジョイントベンチャー」という言葉を耳にする
や、よだれを流さんばかりに話を聞きたがります。


マーケターになったばかりの人は、有利なジョイントベンチャー契約を結んで儲
けようともくろんでいるものです。


また、熟練したインターネットマーケターは、ジョイントベンチャーできる機会
がどこかに転がっていないかと、常に情報の網目を張りめぐらせているものです。


誰もがジョイントベンチャーしたがる理由は何でしょう。
答えはかんたんです。


儲かるからです
「儲かる」というのは、ずいぶん控え目な表現かもしれませんね。
とにもかくにも、インターネットマーケターの最優先事項は、オプトインリスト
構築です。


しかも、毎日継続してやることが重要です。
基本的に言って、リストには3 種類あります。
全部が全部、同じ方法でできるわけではありません。


まず、購入できるリストがありますが、おおむね、ものの役には立ちません。
第二に、見込み客のリストです。見込み客のリストは、役に立ちます。


メーリングリストに入会した人は、リストの関連トピックに興味を持っています
から、この先、製品を購入してくれるかもしれません。


三番目のタイプは、「購入者リスト」です。
購入者リストは、たいへん貴重です。


かけがえのない宝です
製品やサービスを、購入したことがある人のリストだからです。
この手の製品に金をつぎ込む人だと、わかっているのです。

ジョイントベンチャー契約を結べるかどうかは、この購入者リストの有無にかか
っていると言っても過言ではありません。


ですから、インターネットマーケターはまず、購入者リスト構築をすべきです。
購入者リストを構築するためには、無料品を配布する必要があります。


購入者リストを作るには、まず、1,000 円~2,000 円程度の比較的安い価格で販
売できる製品をジョイントベンチャーパートナーに提供し、販売利益を全額相手
に与えましょう。


そうです。利益を100%あげてしまうのです。
1,000 円や2,000 円の製品の販売利益をまるまるです。
そのかわり、あなたは。購入者リストを手にするのです。


製品が売れるごとに500 円とか1,000 円とか払ったとしても、
だいじょうぶです。


このリストには投資額以上に価値があると、すぐに実感できます。
購入者リストは、金鉱のようなものです。
将来的に、ジョイントベンチャーパートナー探しにも役立ちます。


さらに大儲けが期待できますよ。
貴重な購入者リストを作る方法が、もうひとつあります。


有料会員制サイトと無料会員制サイト。
この両方を運営することです。


ジョイントベンチャーパートナーに会員権を無料提供し、無料会員が有料会員に
なる場合は、コミッションを払う契約をするのです。


有料会員になったときに一度コミッションを払う場合と、月会費の金額によって
払う場合が考えられます。


どうです?
どちらの条件でジョイントベンチャー契約を交わしても、購入者リストは作れた
でしょう?


ご自分の力で、なんとか信頼を勝ち取ることができましたか?
両者ともに、何物にも替え難い貴重な財産です。


以上が、成功の秘訣です
購入者リスト+信頼性=成功
どの方法を取られるにせよ、これだけははっきりしています。


ジョイントベンチャー契約で儲けるためには、長い間顧客であった人のリストと、
信頼性が必要です。ほかのものではダメです。


間違いありません。信頼性。
購入者リストにはこれが重要な要素です。
ニッチの権威となって初めて、信頼を勝ち取ることができるのです。


購入者リストのおかげで信頼性は飛躍的に増しますが、アーティクルを書いて
市場に出したり、ブログやフォーラムに投稿するなど、努力も必要です。


インターネット上で信頼を得るのは、そうかんたんなことではありません。
時間もかかります。


近道など、決してありません。
購入者リストと信頼性が手に入れば、ジョイントベンチャーパートナーが見つか
りやすくなります。


契約を最大限に利用して、大儲けできますよ。
ジョイントベンチャー契約を結ぶためには、購入者リストを増やせるかどうかが、
大きなカギです。


購入者リストと信頼性を手にしたら、次はおいしいジョイントベンチャーパート
ナーを見つけることです。


世間の感覚とは逆に、最良のジョイントベンチャーパートナーは、今のところ、
同業者のライバルだと思っていらっしゃいますよね。


冗談ではありませんよ。
同種の顧客を持ったインターネットマーケターですからね。


相手のリストに載っている名前とE-mail アドレスは、ぜひとも、ご自分のリス
トに欲しいはずです。


あなたが仮に、「某製品」を販売しているとしましょう。
ほかにも、同じ「某製品」を販売しているマーケターがいます。


「某製品」がラクに売れるようになる製品を用意すれば。
あるいは、「某製品」のよさを最大に引き出せる方法を顧客に説明する製品がで
きれば。


そうすれば、手ごわい最大のライバルを説得し、ジョイントベンチャー契約を結
ぶことができるかもしれません。


「某製品を売れ筋にしてくれる」新製品宣伝に、心血を注いでくれるでしょう。
もちろん、コミッションは必要ですけどね。


ところで、製品は、どんなものがいいでしょうね。
人々の心を癒し、見目をよくし、抱えている問題を解決してあげる。


そんな製品があれば、ジョイントベンチャーパートナーは見つかります。
どんどん、その製品を広めてくれるはずです。


また、コミッションは常に気前よく払う必要があります。
また、ジョイントベンチャーパートナーのサポートはじゅうぶんに行いましょう。


信頼が得られるかどうかは、この点にかかっています。
決しておろそかにはしないでください。


ニッチで名が売れたら、しめたものです。
信頼性を手にしたも同然です。


ジョイントベンチャーパートナーが知っている製品があれば、言うことなしで
す。あなたの一番手ごわいライバルだって、リスト作りのために手に入れたい
製品だと思いますよ。


あなたと、ぜひともジョイントベンチャー契約を交わしたいと考えるはずです。


スポンサーリンク