リベートをケチることなかれ!

リベート!

市場では、今、リベートが大ブレイクです。
どこもかしこもリベートです!


店舗販売では、コンピューター、家庭電化製品、車にいたるまで、
「メールイン」リベートやインスタントリベートというシステムで値引きが
行われています。


インターネット上では、リベートは当たり前です。
プログラム、ソフトウェア、製品&サービス。
あらゆるものにリベートが提供されています。


リベートとは、かんたんに言えば、高級な服を値引きすることです。
基本的な考え方は、これと同じです。


顧客は、プログラムを買うにせよ、ソフトウェア、製品、サービスを買うにせよ、
表示価格より安い値段で買うわけです。
顧客は、格安で購入できたことになります。


おわかりですか?
しかし、ここで問題です。
売り手には、何の得があったのでしょう。
その答えはかんたんです。


まあ、商品が売れても、定価で売るほど儲からないわけです。
プログラム、ソフトウェア、製品およびサービスに50%のリベートをつけて
販売すれば、定価販売の2 倍の個数を売らないと、儲けが同じになりませんよね。


アフィリエイトマーケターがそんな商売をすれば、利益を度外視しているとしか
思えません。


アフィリエイトマーケターが顧客に提供するリベートは、コミッションから出て
いるからです。


例:20,000 円の製品を販売して、儲けが10,000 円とします。
つまり、5,000 円のリベートを払えば、コミッションはわずか5,000 円になって
しまうことになります。


これでは、たいした利益が上がりません。
これは、得策ではありません。


幸いなことに、高額リベートを出すよりも、もっといい方法があります。
多額のリベートに飛びつくのは、「ケチ」な客だけです。


ケチな客は、どんな場合でも、定価で買ったりしないものです。
単に、タダでものを手に入れたがっている人たちです。
そんな人たちのために、自腹を切るのはばかげています。


ケチな客とはすっぱり手を切りましょう。

リベートに関する結論:
客に定価で買ってもらえるような動機づけをしましょう。
インセンティブボーナスは、リベート提供よりもいい方法です。


上客をつかまえることができます。
ずっと商品を買ってもらえるようになりますよ。
アフィリエイトマーケターの多くは、こう考えます。


インセンティブボーナスを提供して、定価で買ってもらえるようにするなんて
面倒なだけだとね。


ボーナスインセンティブを探すよりも、リベートを提供するほうがずっとかんた
んで手っ取り早いと言うのです。


どうお思いですか?
いいでしょう。
それは私も認めましょう。


リベートや値引きは、確かに手っ取り早い方法です。
ボーナスインセンティブをつけて、顧客に定価で買う価値ありと思わせるよりず
っとラクでしょう。


最善の策というわけではありません。

大幅プライスダウンなど、50%のリベートに飛びつくのは、ケチな客だけです。
しかも、一度おいしい想いをすれば、次も、また次もと、同じ要求をしてくるで
しょう。


peanut gallery(桟敷席)全体で働けるのに、その中のわずかな peanut のために
働くことになってしまいます。


大幅プライスダウンとか、高額リベートを提供するような生ぬるい仕事をする
アフィリエイトマーケターのことなど、忘れてください。
時間のむだです。


こんなぬるいマーケターの相手になるのは、ケチな客ばかり。
あなたのライバルにはなりません。


苦労して苦労して、素晴らしいインセンティブボーナスを探し出してこそ、
顧客が定価で買いたくなるのです。


だらけたアフィリエイトマーケターたちなど、放っておきましょう。
製品やサービスのリベートや値引きについて考える前に、そもそもあなたがアフ
ィリエイトマーケターになった理由を考えてみてください。


かつかつの生活をするために、アフィリエイトマーケターになったのですか?
定期的に相当な収入を得て、あなたとご家族の暮らしをよくしようとお考えにな
ったのではありませんか?


ようやく暮らしていける程度の収入なんて、求めていませんでしたよね?
このようにお考えください:定価以下で製品を販売するごとに、当然受け取るべ
き正当な報酬が削られているのです。


あなただけでなく、あなたのご家族にも影響してきます。
不満に思いながら、その状態に甘んじる必要は断じてありません。


質の高い製品やサービスを販売するのですから、高額リベートや大幅値引きは
必要ありません。


人々は、その製品やサービスが欲しいから、代金を払うのです。
顧客が製品やサービスを買いたくなるようなインセンティブボーナス探しに奔走
すれば、当然もらえる利益をみすみすふいにしなくてすみます。


値引きやリベート提供はやめてください。

かわりに、製品価値を高めましょう。
これだけは覚えておいてください。
製品やサービスを安く売るよりも、製品価値を高めることです。


人々は、必ずしも値引きやリベートに価値を見出しませんよ。
うまいことを言って、製品を買わせようとしているのだと思われますよ。


始めから、定価どおりの価値なんかないだろうと言われますよ。
リベートや値引きに飛びつくのは、ケチな客だけです。
上客は、最高のインセンティブがつく場所で買います。


最高のボーナスインセンティブをつければ、得意客をつかむことができます。
そうすれば、製品やサービスをいつも定価で買ってもらえます。


スポンサーリンク