成功の心構え

目的意識を持てば、幸せになれます

人生において、目的意識を持つことで、大いに自信が持てますし、
安定して満ち足りた心で過ごせます。


人生での行動には全て、目的意識がつきものです。
キャリア、家族の養育、ボランティアなどにも全て関わってきます。
何かを達成する場合、目的意識があれば、人生に差がつきます。


毎日、何かを期待して生きられるのです。
朝、笑顔でベッドから起き上がり、家でも外でもずっと気分よくい
られるのです。


人生の基本的立場に満足できる人は、自分に自信が持てるものです。
若いうちは、人生の目的を持つのはたやすいことです。
まだまだ、人生という旅を始めたばかりですからね。


みなさん、試験に通ったり、キャリアを積んだり、異性と出会った
り、デートしたり、結婚して、最終的には家族を作り上げていくの
です。


若い世代の大半は、何かを期待して生きるため、人生に目的意識を
持ちやすいと言えます。


しかしながら、年をとるにつれて、先行きに不安を感じるようにな
り、人生の目的について、だんだんと懐疑的になってしまいます。
おそらく、子どもが成長すると、もうあなたに頼ることはなくなる
でしょう。


親子の結びつきはなくなり、そのうち退職する時期が来ます。
そうすればもう、仕事さえも、人生の目的ではなくなります。
年を取ると、新たな人生の目的が必要となります。


幸いにも、こういう目標は、たくさん考えられます。
ここで、いくつかよくある例を挙げてみましょう。



・ 新しい趣味を探したり、今までやりたいと思いながら、時間が
足りずにできずにいたことをやってみましょう。

・ 社交クラブに入りましょう。
同年代の人が、定期的に集い、お茶を飲みながらおしゃべりを
楽しむような集まりはたくさんあります。こういったグループの活動に参加しましょう。

・ 地域やジムの運動グループに参加しましょう。無理なくできる運動がいろいろあるでしう。

・ テニスやボウリングなどのスポーツを楽しみましょう。

・ 友人家族を定期的に訪問し、夕食をともにしましょう。

・ 毎日数時間ずつ、ボランティア作業をしましょう。
そうすれば、目的意識を持って外に出ることにもなります。

・ 週に数時間は、余裕を持ってできるパートタイムの仕事をしましょう。

・ 公園を散歩して、通りすがりの人にあいさつをしましょう。
そうすれば、同じ趣味の人の出会いがひんぱんにありますから、友達ができますよ。

・ 交際相手紹介所へ行き、異性との出会いを求めましょう。
まだまだ、恋愛を始めるのは遅くありませんよ。



自己啓発で幸運をつかみましょう

自己啓発を行えば、精神的に、感情的に、肉体的に幸福な生活を送
ることができます。


基本スキルをマスターし、それを生活に取り入れることが、自己啓
発につながります。


自己啓発の基本は、時間をうまく使い、現実的な目標を設定し、自
分自身を理解し、自尊心や自己評価を高め、人生の目的を持つこと
にあります。


自己啓発を達成するためには、自分が今どうあるかを知る必要があ
ります。何をばかばかしいことを思われるかもしれませんが、
自分の本当の価値を知っている人は、ほとんどいないのです。


そして、自分に何ができるかも、わからない人が多いと言えます。
自己と他者との違いを理解してこそ、なぜ、人生目標を達成できな
いのかがわかります。


それでこそ、願望を完全に達成する方法が明らかになるのです。



人は、一夜にして変わることはできません

変わるには、時間と努力が必要です。
変わりたいと願っても、一夜にして実現などできはしません。
全力で変わろうとしなければ、目標は達成できません。


前述のとおり、自分から変わろうと思えば、ゆるぎない土台を築か
なければなりません。


あなた自身がどんな存在かを、知る必要があるのです。
自己を知れば、人生に新しい意味や目的が生まれます。


自分自身を長い目で見つめることで、自分に必要なことが全てわか
り、より創造的な側面を引き出すことができるのです。


直感に至るドアを開き、想像力を解き放ちましょう。
私たちの多くは、その能力をフルに使ってはいません。
直感や想像力を育てましょう。



自己啓発のポイント

自己啓発のポイントは、以下のとおりです。
人生で達成したいことと、その達成方法を知ること。
自分の能力に限界があるという考えを捨てること。


進歩を妨げる考えを捨てること。
自分自身に折り合いをつけて、うまくやること。
直感や想像力を育成すること。


他人とは違ったあなたの良さを理解すること。
考え、感覚、考え方を、良い方向へ変えること。
これをマスターすれば、あなたはどんどん成長します。


幼い子どもの頃は、自制をしませんし、自己否定もしないものです。
こうして、子どもからおとなへと、絶えまなく成長していくのです。
私たちは絶えず学習をし、自己改善をしてゆきます。


幼い子どもは、大人と違い、怖れを知らないように見えます。
そうです。


子どもの頃は、人生はもっと単純で処しやすいものだったのです。
子どもの心はオープンで、絶えず想像力と直感を働かせており、
できるとかできないとか考えて、怖気づくことがないのです。


おとなになって初めて、感情を抑えるようになり、物事が込み入っ
てくるのです。心を間違った方向に向けるようになるのです。


スポンサーリンク