認知度をあげよう

需要が大きい製品を作り、どんどん売れるようなセールスレターも
用意しても、それほど効果がなく、ウェブサイトにも誰も来て
くれないし、製品もちっとも売れず、儲からないですって?


それはそうでしょう。
あなたは全くの初心者なのですから、膨大なメーリングリストを
お持ちではありませんよね。


ウェブサイトも、検索エンジンの検索結果の103番目です。
ですが、そんなあなたでも、効果実証済みのトラフィック
生成テクニックをお試しになれば、見違えるように変わります。


まず、トラフィック増大の手段は、検索エンジン最適化だけではな
いことを明確にしておきましょう。
検索結果ページは、普通のウェブページといっしょです。


多くの人が、検索エンジンを利用して情報を検索し、検索結果ペー
ジに
行きますから、検索結果ページの一番上に表示されればトラフ
ィックが増えます。


たくさんの人がサイトを見てくれるのです。
トラフィックの多いサイトだと言われただけで、同じ効果があります。


例えば、あなたのウェブサイトが、Yahooのトップページに
出て来た
らどうでしょう。


コンピューターの処理能力が追いつかないほど、ものすごい集客数
が期待できるでしょう。


同ニッチでトラフィックの多いウェブサイトに、
あなたのサイトリ
ンクを貼ってもらうのが一番です。


そのためには、相手がリンクを貼りたくなる理由付けが必要です。
サイトに、議論を呼ぶようなアーティクルを投稿するとか、誰もが
人生で抱える問題について、うまい解決策を提供するとか、
人を引きつける方法を考えましょう。


つまり、リンクを貼る価値があると思わせるのです。
あるいは、トラフィックの多い関連ウェブサイトにリンクを貼り、
リンクバックをお願いしてみましょう。


これは、相互リンクを呼ばれる手法です。
リンクを得る方法としては一般的です。


しかしながら、リンクのお願いをする前に、自分のウェブサイトを
チェックして、読者に自信を持ってお薦めできるサイトか、そして、
読者に有益な情報を提供しているかを確認しましょう。


つまり、あなたのウェブサイトが、トラフィック稼ぎの中身のない
サイトとは違い、価値あるサイトだと証明できればいいのです。


<道徳的なマーケティング>

製品を上手に売り込むには、強力なセールストークが必要です。
製品を買うメリットを、小さなことまですべて伝えましょう。


「unbelievable(信じられないほど素晴らしい)」とか、
「phenomenal(驚異的な)」といった言葉は、優れたセールスレター
にはよくある台詞です。


しかしながら、製品を特売する際に、故意に誇大表現を使う
マーケ
ターもいます。


こういったマーケターの狙いは、ありもしないメリットを提供する
と、
顧客に思い込ませることです。


実際にあった話を引用して、ご説明しましょう。
ある晩、MSNメッセンジャーリストにある男性マーケターから、
製品の最新セールスレターをチェックして欲しいというメッセージを
受け取りました。


その製品とは、コンテンツ連動型広告で儲ける方法に関するE-BOOK
でした。


私は、彼のウェブサイトを訪問し、セールスコピーにすっかり魅了
されてしまいました。


そのセールスレターが、私の欲求を直撃したからです。
そのE-BOOKを購入し、書かれた内容を実践すれば、「欲しいものが
すべて手に入る」と思ったのです。


セールスレターを読むと、著者が、ベンツや豪華なマンションやヨ
ットを、
山ほど持っているような気にさせられます。


問題は、私がこのマーケターを個人的に知っていることでした。
彼は、実際には若干17歳。


高校を卒業した彼は、インターネットで収集した情報をまとめたEBOOK
を販売して儲けようと考える若者でした。


その事実を思い出すと、すぐに頭の中で警報が鳴りました。
素人が、いかにこの当てにならないセールスコピーにころっと
引っかかることかは、想像に難くありません。


悲しいことに、現実には、オンライン詐欺師が苦労して稼いだ金を
搾り取ろうと、手ぐすね引いて待ち構えているのです。


そのため、消費者が詐欺にあわないためのアドバイスが、
インター
ネット世界でも当てはまります。


常識で考えてください。
このひとことに尽きます。
あまりにうまい話は、信じ難いものです。


だいたい、嘘だと相場が決まっています。
商業サイトでオンラインショッピングする場合、サイトの
基本的チェックをしましょう。


まず、製品の特徴に少しでも疑問を抱いたら、E-mailで問い合わせ、
回答者の挙動に注目しましょう。


カスタマーサポートがあれば、誠実なビジネスをしているかどうか
よくわかります。


最後に、ウェブサイト内にサポート用のE-mail アドレスが
見つから
ない場合は、すぐに「戻る」ボタンをクリックして、
サイトを離れましょう。


スポンサーリンク