準備編

準備をしましょう ー 必要なもの

実際にランディングページの作成に入る前に、いくつか必要なものがあります。
その目的は、
a)オファーにポイントをもたせる
b)ランディングページ作成の効率化をはかる
といったものです。


まずなんとしても必要なのは、オートレスポンダーです。※自動返信機能
これがなければ、お金のはいったバッグをゴミ箱にすてているような事態になってし
まいます。


お客や、お客となりうる人々との関係を築いたり、将来的に収益を上げたりするチャ
ンスを逃してしまうことになってしまうわけです。


オートレスポンダーに加えて、人々が欲しいと思うようなオファーを用意することも
大切です。
たとえば E-BOOK やソフトウェアのような商品を用意しておく必要があります。
もう1つ不可欠なのは、支払い方法などのサービスを確認することです。



ランディングページのテーマを決める

おそらく、ランディングページの作成においてもっとも重要なのが、テーマを決める
ということです。


そしてテーマを決めるということは、来訪者を獲得するための仕組みを設定するプラ
ンにかかってきます。


サーチエンジンを応用した仕組みを利用する場合は、あなたのターゲットとする分野
において、ハイディマンド(検索の数が多い)でありながらローサプライ(競合サイ
トが少ない)であるフレーズを見つけ、それぞれのフレーズに対して適切なランディ
ングページを作ることが大切です。


一方、ペイパークリック(PPC)のプログラム
のような仕組みを利用するのであれば、あなたが購入しようとしているそれぞれの
キーワードに沿うような、複数のページが必要となります。


じつはこの段階が、ランディングページ作成において多くの人々が失敗するところな
のです。


特定のオーディエンスにアピールできるページでなくてはならない、というわけです。
質の高い商品なりニュースレターなりを開発すれば、その分、多くの人々が
興味をしめすことになるのです。


ですから、それぞれの人々に特化したランディングページを用意してあげるのが、
利益を得ることにつながります。


レゴやその他のブロックのおもちゃに関するニュースレターがあるとしましょう。


おおきな枠として、「おもちゃ」というグループに分類してしまうと、レゴやその他
の特定のブロックおもちゃに関する情報を求めている人は、直接的な関係性を見いだ
せず、あなたのニュースレターから遠ざかってしまうことになります。


かわりに、レゴという枠のページにもブロックおもちゃという枠のページにも関連づ
けておけば、それぞれのページの来訪者がリストに加わることになるわけです。


もう一歩先を考えてみると、ニュースレターについてランディングページを作成する
ならば、リストを分類するのも良いでしょう。


そうすることで、必要に応じて、レゴに関してだけ、もしくは他の特定のブロックお
もちゃに関してだけ、などの情報もそれぞれ送ることができますね。


スポンサーリンク