怒りと幸福(3)

人間関係作りで幸せになる方法

人間関係作りの方法を身につければ、人生は大きく変わります。
私たちは、なんらかのつきあいを持っています。


結婚して、一緒に暮らすようになったり、子ども、友人、家族がで
きれば、様々な関係が生まれます。
誰とでもかまいません。


より良い人間関係を築くことができれば、人生は大きく違ってきます。
人間関係が破綻する最大の原因は、コミュニケーションの貧困さです。


誤解、不和、怒りといったトラブルのもととなり、最終的に、疎遠
になってしまいます。


対人関係でコミュニケーション能力を高めれば、深く、永続的で有
意義な関係が築け、幸せな人生を手にできるのです。


この方法を、簡単迅速にマスターする方法がたくさんあります。
ここで、少しご紹介しましょう。


・ 人間関係のもめごとに対処するとき、過去のことを持ち出して
はいけません。

直近の問題だけを解決してください。
過去の出来事まで引っ張り出しても、混乱を招くだけです。
問題解決が遠くなります。


・ 他者の目から、もめごとを見てみましょう。
自分の意見だけで考えてしまえば、折れることもありませんか
ら、何の解決もできないまま終わってしまいます。


・ 相手の言うことに、常に耳を傾けましょう。
自分は、誠心誠意、相手の言葉に耳を傾けていると考えている
人が多いですが、たいていの場合、ほかのことを考えていたり、
相手の話を先読みしているものです。


・ 非難されても、すぐに応戦しないでください。
批判を聞くのは嫌なものです。
ただ聞いているのは難しいでしょうが、相手の考えを理解する
ことが大切です。


・ かたくなに口論を続けていないで、お互いに妥協できる点を探
しましょう。
互いに反発し合っているよりも、協力したほうがずっと有益で
しょう。


・ 対立する意見をぶつけ合って疲れ切ったら、休けいしましょう。
ずっとけんかをしていれば、後で頭が冷えたときに後悔するこ
とを、言い合ってしまうものです。


・ ほかの人のせいにしないでください。
あなたも完ぺきな人ではないこと、そして、いつも正しいわけ
ではないことを、理解してください。


・ 人間関係が急速に冷え込んだと感じたら、カウンセリングを受
けましょう。


・ 人づき合いに時間を割きましょう。
遠くまで散歩に出れば、テレビの前に腰を下ろしているよりず
っと、誰かに話しかける機会が増えるでしょう。


・ 恋人や、友人家族に突然電話をかけて、驚かせましょう。
何も用事がなくても、「今、あなたのことを考えていたの」だ
けでも十分です。


・ ときどき、周囲の人を良い気分にさせてあげましょう。
感謝の気持ちとして、何かを贈るのです。


・ 恋愛中は、手を握って話すなど、愛情表現を示し、あなたの考
えていることを相手に知らせるようにしましょう。



すばらしい毎日を送る方法

一日一日を最大限に楽しむには、周囲で起こるほんの小さな出来事
にも目を留めることです。


のんびりできる時間を取り、リラックスして、一日のうちのこの大
切な一瞬一瞬を楽しみましょう。
今日では、人生は喧騒に満ちています。


1分の余裕もない状態で、せわしなく動き回っています。
進んだ科学技術を取り入れて生活していながら、こんなにも余裕の
ない生活をしているのはなぜでしょうか?


おそらく、コンピューター、テレビゲーム、ケーブルテレビなどの
ような科学技術の産物に踊らされて、家族とゆっくりと語り合った
り、

テーブルを囲んで食事をともにしたり、散歩にでかけたりする
ことの楽しさを忘れているのです。


一日一日を大切に楽しむためには、リラッックスできる方法を学び、
のんびりすることが大切です。


また、人生に何を望んでいるのか、何をするときが楽しいのか、
何に幸せを感じるか、どうすれば笑みが浮かぶのか、自分自身を振り
返って考えてみる必要があります。


毎日を最大限に楽しむためには、まず、自分自身から見つめ直しま
しょう。自分のケアをするのです。


健康的な食事を食べ、十分に運動をし、ぐっすりと寝て、自分をい
たわってあげるのです。


そこで、毎日のスケジュール作りが必要です。
スケジュールの中には、「自分の」時間を作りましょう。
好きなことを楽しめる時間です。


音楽を聴いたり、散歩したり、湯船につかったり、趣味を楽しみま
しょう。


では、毎日をせいいっぱい楽しむには、どうしたら良いのでしょうか?
ここで、そのヒントをいくつかご紹介しましょう。
自分を許してあげましょう。


1日の終わりに、目標が達成できてないことがわかっても、自分を
許してあげましょう。


「今日できることは、せいいっぱいやった。明日は明日の風が吹
く」このように、自分に話しかけるのです。
何かができなかったからと言って、ささいなことでくよくよしない
でください。


まだまだ、明日があります。

今日をせいいっぱい生きることが大切なのです。
毎日のto-do-listを作りましょう。


毎日やらなくてはいけない家事というのは、誰にでもあるものです。
重要な家事はきちんとこなし、ためないほうが良いことはもちろん
ですが、


皿を洗いながら、ラジオに合わせて歌を歌ったり、掃除機
をかけながら、踊ったりしてもかまわないですよね?
つまらない家事でも、楽しんでやりましょう。


こんなことやりたくないとぐちを言っていないで、楽しくできる方
法を考えれば良いのです。
ときどき、休けいを取りましょう。


家でも職場でも、ときどき休けいを取りましょう。
5分だけでもかまいません。


ストレスを感じたときに、すぐにリラックスできる方法を身につけ
ましょう。


職場では、いすから立ち上がって足をのばしたり、コーヒーを入れ
に行き、途中で出会う人にあいさつしてはいかがでしょう?
楽しめることをしましょう。


毎日時間を割いて、何か好きなことをしましょう。
読書、泡風呂、めい想、ジム通いなど、笑顔がこぼれるような、
何か楽しめることをしましょう。



ポジティブな考え

物事が思った方向へ進まないときでも、ポジティブな態度を取りま
しょう。
ひどい状況であっても、良いところを探し、その状況から何かを学
びましょう。
何でもかんでもネガティブな方向に考えていては、良くありません。


スポンサーリンク