人生に起こるトラブル対処法(2)

ゆううつな日とさよならする方法

どんな理由であれ、悪い日もあるものです。
あなたに必要なことは、考えることです。
懸命に考えましょう。


惨めな気持ちで、あなたを襲った災難について考えてはいけません。
不幸なできごとや経験の記憶につきまとわれ、ストレスからゆうう
つな気分になり、


何かをしようという意欲が吸い取られ、大切にし
たいものも、全てだめになってしまうような気になってしまいます。


つまり、ネガティブな考え方をしていると、物事が、実際よりも悪
い方向へ進んでしまうのです。


ひどい状況に打ち負かされてしまうのは、悪いケースです。
自分で自分をコントロールできれば、いろいろな方法を考えて、
ゆううつな日を吹き飛ばせるはずです。


悪いことがあると、ネガティブな考えや気持ちに押しつぶされて
しまいがちです。
そこで、負の気持ちを追い払う方法を考える必要があります。


積極的に身体トレーニングを行いましょう。
または、遠くまで散歩したり、泳いではいかがでしょう。


また、外に出て、どこかで腰を下ろし、木々や花を眺めたり、
あるいは夕暮れなら、夕日を見るのも良いでしょう。


楽しめる本を読んだり、面白い映画を見たり、ひどい状況を
忘れられることをしましょう。
からだにも良いだけでなく、心にはもった好影響がありますよ。



良いときのことを思い出しましょう

過去の出来事が、あなたの生活を豊かにしてくれることもあります。
精神を高めてくれた幸福な経験や、人生に笑いをもたらしてくれた
特別な友人や身内のことを思い出しましょう。


今までの人生で良かったことを思い起こし、与えられた恩恵などに
感謝しましょう。


そのすばらしい思い出を思い起こせば、今のひどい状況など一時的
なことで、何の意味もないと思えてくるでしょう。


このひどい気持ちに引きずられないことです。
哀しみが大きくなるだけです。


くよくよしたって、悪い日が良い日に変わるわけではありません。
ひどい日も、一時的なものだと思ってください。


心やからだに、多少傷跡は残るかもしれませんが、痛みは一時的な
ものだと思うことが大切です。


痛みは、時が癒してくれます。今日のところは、ネガティブな面は
見ないでおきましょう。


一日が台無しになるようなひどい状況だとしても、ポジティブな
面だけを見るようにしましょう。


未来に向けて、何か教訓が得られますか?
同じような状況を避ける方法がわかりましたか?


ひどいことがあった日に、人生における目的、個人的な人間関係、
人生グラフ、あるいは未来について考えなさいと言っているわけで
はありません。


こんな日は、将来に関わる大きな決定をするには向きません。
暗い考えで大きな決定をするのは、理にかなったこととは
言えないのです。


重大な決断をするのは、状況が好転して、心の平静を取り戻してか
らにしましょう。悪い日に役立つ簡単な公式があります。


「親しい友人と分かち合えば、哀しみは半分に、喜びは倍になる」
親しい友人に悩みを打ち明けて、トラブルを乗り越えましょう。
悪い日の癒しになるような方法をご紹介しましょう。
簡単にできますよ。



失望に対処する方法

その状況に対して、どんなに一生懸命取り組んでも、どんなにポジ
ティブにやってみても、期待通りの結果にならないこともあります。


人生で成功するために、計画や目標を立てますが、全力を尽くして
も、必ずしも期待通りにいくわけではありません。


失望する結果に終わることもあります。
失望感そのものは、特段悪いものではありません。
ただし、それにどのように対処したかによって、差が出てきます。


失敗を認め、失望感を感じ、不運な結果を受け入れてしまえば、
それまでです。


失望感が長引き、心に浮かんだネガティブな気持ちも消えることは
ありません。一方、失望感が良い方向に向く人もいます。


その場合、失望感が成長の糧になり、何事もポジティブに考えられ
るようになるのです。


失望を体験してもなお、笑顔で対処できれば、どんな困難が降りか
かっても、立ち向かえるのだとわかるようになります。


失望感にとらわれたとき、それに対処し、克服する方法をいくつか
ご紹介しましょう。



★哀しみ、ストレス、不安、苦痛といったものは、人間が通り抜
けなければならない、必ずある部分なのだと理解しましょう。
そのトラブルを切り抜ける方法を知りましょう。


★家族や愛する人に失望されて、傷つかない人はいません。
あなたは、自分自身の期待に常に応えているわけではありません。
それなのになぜ、ほかの人には完ぺきを求めるのでしょうか?


★失望感を抱いてしまったら、悪いことだと考えるのではなく、
むしろ、自分自身の試練として、歓迎する姿勢を見せましょう。


★物事がうまくいかない場合は、状況を分析しましょう。
そこから何が学べるのかを考えましょう。


★長期目標達成を目指して行き詰まったら、あきらめない限り失
敗はないと考え、達成できるまでがんばり続けましょう。


★行き詰まったり、方法を間違ったときは、頭を柔軟に働かせ、
何とか目標を達成できる方法を探しましょう。


★やりたいと思うことに対して、期待しないことです。
期待しなければ、失望することもありません。


★失望を乗り越えなければならないひどい時期があれば、
それを話題にしてみましょう。
失望感に苦しんだとき、人に話すことで、ひとりじゃないとい
う気になるものです。


★失望感に対処する場合、忍耐力が役立ちます。
失望感が自分の中を通り抜けて消えてしまい、元の自分に戻る
まで待つことができます。


★人生に対して、道理に合わないばかげた期待をしないことです。
常に完ぺきを求めていれば、確実に失望します。


スポンサーリンク