自己評価改善

自己評価改善は早い段階で行いましょう

ヘルスケア提供者なら、自己評価の低さに苦しむ原因をいろいろご
存知です。


化学的な不均衡から、自分を信じる心が育つ機会がなかった、しつ
けの問題など、様々な原因が考えられるでしょう。


ただ、一番の原因は、子ども時代に、ポジティブな評価や愛情が与
えられなかったことが原因とする人が多いようです。


まだ両親がおとなになり切っておらず、家族や家族の価値というも
のに目を向けられない場合に多く見られます。
続いて、両親ともに労働時間が長い場合もあります。


両親の影響下を離れて、慈善行為、人生倫理、道徳心、および家族
生活を学んでいる最中に子どもができてしまうことが多いのです。


一足飛びに、何もかも起きてしまうことから、誤りが起こるのです。
また、おとなとして成熟する前に親になると、両親のしたとおりに
してしまうため、自分の子どもの頃と同じまちがいを繰り返しして
しまいます。


例えば、子どもに何度も挑戦させ、まちがいを犯させるような親は
あまりいません。


また、今日では、課題が山積みの厳しい世の中ですから、子どもの
努力をいちいち心からほめたたえるような親は少ないでしょう。


さらに、子どもは心の中で、おとなのすることは正しいと考え、お
となの行動をもとにした価値観を持っていることが問題なのです。


不幸にも、子育てをしているおとなの実に多くが、不法な薬物乱用、
ギャンブル、アルコール依存症など、大変重要な問題を抱えています。


その結果、こういったおとなが、自分たち夫婦や家族のためになら
ないことをするだけでなく、特に、幼い子どもまでまねをしてしま
うことになるのです。


例えば、薬物やアルコール依存者には、それらが肉体的にも精神的
にも有害であり、子どもがおとなになったときに同じように乱用し
てしまうという事実がわからないのです。


つまり、どの年代の子どももおとなでも、ポジティブな反応が必要
なのです。真剣な態度で、気遣いを示す必要があるのです。


幼い頃からこの態度を身につけ、配偶者や子どもに健康でポジティ
ブな選択をさせてあげましょう。


また、子どもが何かで失敗したとき、子どもに希望を与えて、何度
でも繰り返し挑戦できるようにしましょう。


また、レベルに関わらず、教育はどんどん受けさせましょう。
おとなは、自分の子どもに成功して欲しいと言いますが、上の教育
を受けさせることに関しては、あまりコメントしないようです。


家には読み物をたくさん置いて、自分でも読んで良いお手本を示し、
セミナー、オンラインクラス、E-BOOKなどを活用しましょう。


配偶者や子どもに、自分の得意分野を教えてあげましょう。
学校の学科(チェス、数学、音楽など)、趣味(手芸、楽器、歌な
ど)、および他者への奉仕(ボランティア、パートタイムの仕事)
などがあります。


手を差し伸べて、ポジティブな反応を返しましょう。
また、人間愛を示し、相手を尊重しましょう。
そうすることで、自己評価や自己愛が増していきます。



自分の価値を低く見るのはやめよう

自分の価値を低く見積もらないことが大事です。
というのは、あなたが、自分がこうであると考えているものがあな
たなのです。


自己評価は、あなたの考えひとつで決まるのです。
あなたが自信があると思えば、自信があるように見えます。
自信は、外面に現れるのです。


人々が自分の価値に気づけば、これから、自信を持って楽観的に
人生に立ち向かっていけるのです。
そうすれば、目標達成できる可能性が高まります。


人生経験を積み、幸福感に満足し、人間関係もうまくいき、何が起
こってもきちんと対処できます。


自分の価値を理解している人は、何にでも対処できますし、誰とで
もうまくやっていけます。


また、心に思ったことなら何でもできるのです。
自分の価値を低く見積もって起こるトラブル
自分の価値を低く見ることで、人生には多くのトラブルが起こります。


自分の価値が感じられないと、幸せだと思えず、感情面にもトラブ
ルをきたします。


人間関係、仕事、あるいは人生一般に関しても、健全な判断ができ
ず、恐怖感から自暴自棄になってしまいます。


また、完ぺきを目指して努力しても、決して完ぺきにできないこと
からも、トラブルが起こります。


自己評価が低いために、ニコチン中毒、アルコール依存症、薬物乱
用、買い物依存症、過食症や拒食症のような摂食障害になることも
あります。



自分の価値を認識しよう

人は誰しも、自分の価値を理解できます。
何も特別なことをしなくても、自己評価できるのです。


自分の価値を理解するためには、頭の中で自分をおとしめている声
を止める必要があります。


自分を悪く思う気持ちから、自己評価が低くなるのです。
この心の声がときとともに大きくなり、自分自身を疑う心が芽生え
てしまいます。


そのうち、自分には価値がないと心から信じるようになるのです。
自己評価を低くしているのは、外からの力ではなく、自分の心なの
です。


考え方を変え、自己評価を上げ、本当の自己評価ができるようにす
るためには、次のような矯正方法があります。




・ 自己批判的な考え方を認め、それをやめましょう。

・ ポジティブな考え方に変えましょう。

・ ネガティブな考え方をポジティブな考え方に変える習慣をつけ
ましょう。

考え方を変える方法はたくさんありますが、おそらく、自己肯定法
が最も簡単にできるでしょう。

ただ、ポジティブな言葉を使い、ネガティブ考えを否定すれば良い
のです。

ポジティブな自己肯定の例については、次のとおりです。

・ これは、新たなわくわくするようなチャレンジだ…「これは難
しすぎる」とか、「こんなことはできない。私の手にはあま
る」という考え方に変わる言葉です。

・ 私には自信がある。この仕事にふさわしい人間だ…「こんなこ
とができるだろうか」とか、「こんなことは絶対できない」の
代わりに使います。

・ 全力で取り組めば何でもできる…「この仕事を完ぺきにこなせ
るだろうか」とか、「要求されたとおりの仕事ができるだろう
か」という考えの代わりに使います。


いずれも、簡単に使える自己肯定の言葉で、考え方を変えることが
できます。やがては、自分に対する感じ方も変化して、本当の自分の
価値がわかるようになるでしょう。


スポンサーリンク