直感を高めましょう

直感は、何よりも大切な財産です。

心の声に耳を傾ける力をみがき、その声に従えば、進むべき道や、
うまく目標を達成する方法がわかります。


日記をつければ直観力は高まり、心の中にあるものや、自分自身の
心の声に耳を傾けやすくなります。


ふだんは見過ごしているものにも、気づくことができるでしょう。
例えば、霊感や予感といった、直感的なひらめきが感じられるよう
になります。


日記をつければ、インスピレーションがわいてきます。
偉大な発明家や思想家たちにも、日記をつけていた人がいます。


その中で、歴史的に最も多くの発明をした、 Thomas Edisonがいま
す。日記は、実に便利なものです。
日記を読めば、これまでの記録を振り返ることができます。


例えば、何か問題が起きたときに、過去に同じようなトラブルを克
服したことがあれば参考にして、同じ解決法を試すこともできます。


そうすれば、以前よりポジティブな結果が期待できるでしょう。
また、過去に達成したことを思い出せますから、自信も出てきます
し、結果として、つらいことがあっても慰められ、人生もうまくい
きます。



過去に学びましょう

日記をつけるテクニックで、最もよく使われるのが、「bestbetter」
テクニックです。このテクニックは、人生術にあらゆる面で利用できます。


そのときの状況を振り返ったり、好きだったこと、あるいはそれに
関する経験を発見するのです。


それによって、次はどのようにしたら良いのか、あるいは、どうし
たらさらに良い経験ができたのかを考えることができます。


過去のあやまちから立ち直り、将来的に成功するためには、過去の
失敗から何かを学ばなければなりませんが、弱点よりも長所に目を
向けるのを忘れないでください。


長所より短所に目を向けてしまえば、自己評価がどんどん低くなり、
当然の結果として、ポジティブな自己評価などできません。


長所を強調することで、自己評価は高まります。
この自己評価が、弱点を正しく理解して正し、ポジティブな態度で
人生に取り組み、成功する可能性を高めるためには不可欠なポイン
トです。


そのため、日記に体験を書き留めれば、過去の経験を振り返り、自
分自身に対する理解を深めることができるのです。


このような感じ方をしたからこう考えたとか、このような考え方を
したら成功するなど、はっきりとわかるでしょう。


スポンサーリンク