契約に対して保証をつけましょう

保証の内容が重要

次に、保証について説明します。
セールスには、保証の説明は不可欠です。


読者の信頼を得るとともに、リスクを排除する意味があります。
前にも書きましたが、1番簡単な方法は2つです。


推奨広告、そして証明によって保証されます。
最も重要なことは、できない保証はしないことです。


情報製品を販売している場合、どんなに製品の情報に自信を
持っていても、成果を保証しないでください。


というのは、あなたの話を適当に読んだだけで、
実行に移す人もいるからです。


そういう人は、あなたには責任がないのにも関わらず、成功しなか
ったのはあなたのせいだと騒ぎ出すものです。


このような道徳的倫理的な問題はともかくとして、何から何まで
保証するのは違法だと思いますし、あなた自身も、ビジネスも、
トラブルに巻き込まれかねません。


製品サービスの種類にもよりますが、保証の仕方には様々な方法が
たくさんあります。


けれども、最も広く使われている効果的な方法は、気に入らなけれ
ば返金するという方法です。


成果が出なければ返金する、この方法は、形のない製品の場合は多
少難しいですね。


例えば、情報製品の場合、製品を無料でゲットしようとして返金要
求する客もいるでしょう。


指導どおりに実行してもうまくいかなかった人だけに返金すること
にすれば、こういったトラブルも防げます。


製品に対する信頼感を増し、価値を高め、買い控えをなくす効果が
あるだけでなく、五つ星の5万円もする製品をただでいただこうと
いう無茶な人をなくすのに役立ちます。


提供する物に対して、特別の自信を持ちましょう。
すぐにプランが作れなければ、じっくりと考えましょう。


セールスレターは、具体的に書きましょう。
返金規則や返品規則があって、リスクが排除できるならともかく、
100%満足のいく保証といううたい文句でも、今頃は信用できま
せん。


面識のない人があなたのセールスページを読み終わって、
注文しようと財布を取りに行くのですよ。
よほど、信頼できないと、そんなことは不可能でしょう。


スポンサーリンク