適当なボーナスをつけましょう

製品価値を高める

次に、サイト入会者と製品購入者に提供するボーナスについて
説明します。


どのようなボーナスにするか考える際は、製品作成同様に想像力を
働かせてください。


ボーナスは、~円の価値があるE-BOOK や特別レポートでなくてもか
まいません。あなたのお時間を使っても良いでしょう。


1時間無料コンサルタントなどはいかがですか?
セールスレターの最後にボーナスをつける目的は、製品価値を高
めることです。


ボーナス部分を書く際には、次の法則を覚えておいてください。
まず第一に、値段や価値を書くことです。


何円相当の物をもらえるという印象が強まり、ただ無料品と書くよ
りもずっと心に残ります。


第2に、やり過ぎないことです。
ボーナスが何らかの形で製品に関連していても、ボーナスを売るた
めにもう1通セールスレターを作る必要はありません。


どちらにしても、無料で提供するものです。
時間のむだです。
ボーナスも、簡潔でパンチの効いた箇条書きで著しましょう。


この章を読むと、セールスレターを書くもともとの目的がぼやけて
しまうかもしれませんが、もちろん、製品サービスを売ることこそ
が最終目的です。


最後に、ボーナスをつけ過ぎないことです。
製品を買ってもらうためにつけるボーナスなのです。


ボーナスが過剰になれば、話がうま過ぎると思われてしまいます。
製品価値も低く見られますよ。


ましてや、製品より高いボーナスをつけるなんて、ピントが外れて
いますね。これでは、読者の疑念は増すばかりです。


読者の抱く疑いは、できるだけつぶしたいところです。
ボーナスは、あくまでボーナスです。


メインの製品ではないのです。
このことを、しっかりと心に留めておきましょう。


スポンサーリンク