釣りの体験談など… 人を惹きつける話

人は物語が好き

2001年のこと、私は、川の土手に腰を下ろして釣りをしていま
したが、鯉が少し釣れただけでした。


半日過ぎた頃、他の釣り人が現れ、向こう岸に座って釣り始めたと
思ったら、わずか5分で魚がかかったのです。


それは、12kg もある鯉でした。
30分立った頃、釣り竿のセッティングも終わらないうちに、また
もヒットしました。


今度は、15kg の鯉です。
こんな風にして、彼は次々と大物を釣り上げたのです。


私は、その釣り人は、さぞや素晴らしい経験の持主なのだろうと思
っていました。


いつも、こんな風にたくさん釣れるのかなあという気持ちになりま
した。


ここで、ちょっとご注意ください。
さっきとは、少し違う心理を突いています。


メーリングリストのオーナーの例については、リストそのものが欲
しいわけではなく、メリットが欲しいのだと申し上げました。


つまり、お金です。
魚釣りの場合は、欲しいのは経験です。


何か欲しいものが手に入る、トラブルを回避できる、
不要な物を取り除ける、これらが、セールスレターでは、
説得力のあるテーマとなります。


私はと言えば、約3時間一匹も釣れないというのに、その人物は、
次々と魚を釣り上げるのです。


とうとう痺れを切らせて、話しかけてみたのです。
あなたも、私と同じ立場ならそうするでしょう?


その人物の釣り話は、今まで耳にしたことのないものでした。
まさに啓示的な話で、私は開眼したのです。


私は自分の釣り場に戻り、釣り竿をもう一度準備し直しました。
すると、今度は大きな魚が釣れたのです。


そして今日に至るまで、季節や場所に関わらず、他の釣り人より、
ずっとたくさん釣れるようになりました。


皆さんのうらやむ顔を、お見せしたかったですよ。
このたった一度の会話の、あまりの効果に恐れ入ります。


以後、私の釣りに対する見方は、全く変わってしまった
のですからね。


今は、釣りに行くたびに、鼻高々です。
想像できますか?


当然ながら、友人にはそのことを話しました。
さて、どうなったのでしょう?


さて、この話では、楽しみという感情をくすぐり、何かを得られ
ることを強調しました。


魚が釣れなくてもいいと言う人はいませんからね。
前述の例のように、たくさん魚を釣って、鼻高々で帰りたいと思う
ものですよね。


製品を買えば、問題解決できるという部分を強調し、魅力的な話を
書くのがいかに簡単か、お分かりいただけましたか?


前にも申し上げたように、これがベースになります。
序文、中間部、そして結びが、この例でわかりますね。


全く簡単でしょう。
ただ、その製品を思いついた理由を書いているだけなのです。


あなたにすごく役に立ったことを、そして、それがなかったらやっ
ていけないと思う理由など、書けばいいのです。


前述のポイントに加えて、もうひとつ注目すべき点があります。
誰かの話を聞いて、楽しい想いをされた経験はありませんか?


そこが、人の心をつかみ、読み進ませるコツです。
セールスレターを読んだ人が、製品の話を、第三者によくわかるよ
うに説明できる、そんな話に仕上げましょう。


製品カテゴリに関心を持つ人をうまくサイトに呼び込み、サイトの
内容に関心を持ってもらえたら、最後までセールスレターを読んで
くれるでしょう。


スポンサーリンク