リードイン&序文

多くの人が失敗する部分


それは、序文です。
あなたはどなたですか?


あなたのサイトに行けば、あなたのお話に耳を傾けなければならな
いのです。


簡単に名を名乗り、自己紹介をしましょう。
読者と、個人的なつながりを持つのです。


自己紹介もない、見出しと本文だけのセールスレターを見たらどう
思いますか?


読み終わっても、誰の話を聞いているんだろうと思うでしょう。
インターネットは、人的メディアではありません。


顔の表情や声の調子で、相手のことがわかるわけではないのです。
自己紹介をしなければ、匿名の個人にしかすぎません。


ですから、こうしましょう。
セールスレターの始めに自己紹介をして、それから、一個人として
話を聞いてもらいましょう。


そのためには、見出しに、「~より」と書くのが一番手っ取り早い
でしょう。


また、あなたは、製品にどのような関わりがある人でしょう?
サイトのオーナーですか?


ソフトウェアのデザイナーですか?
それとも、新しい漁労システムの開発者ですか?


まず、それを書きましょう。
権威ある人の話なら、よけいに耳を傾けたくなるものです。


さあ、いよいよ肝心の面白い部分に入りましょう。
最近E-mail を見ていて思うのですが、セールスレターのほとんどで
間違っているのは、序文です。


まず、何から始めれば良いのでしょうか?
そうですね、ここでちょっとしたお話を書いていただきたいのです。
私は、お話から始める方法が気にいっています。


架空の物語を書くほど、面倒くさい仕事ではありません。
いくつか、短文を作ればいいだけです。


専門知識を書く

どうしてこの問題を発見したか、そして、どうやって解決法を見い
出したか、その解決法を使って金儲けができた話、


サイトのアクセス数が増えた話、魚がたくさん釣れるようになった話、
そんな話でいいのです。


これなら、短時間で書けますよね。
そんなに驚くような、大変な作業ではありません。


見つけた問題を提示し、その製品でどのように、どの程度まで解決
できるかを書けばいいのです。


無理でしたら、何ページもだらだらと書く必要はありません。
ですが、ここが、あなたの専門知識の見せどころです。


製品を紹介する際に、うまく特長や利点を示せば、読者がうんざり
してしまうことはありません。


それでは、一体何を書けば良いのでしょうか?
正直に言いますと、書き方はいろいろあると思います。


主たる目的は、製品をより素晴らしいものだと思わせることです。
そのため、問題点を大きく話し、解決法の素晴らしさを示します。


より大きなメリットを強調し、トラブル回避の重要性を説くのです。
各部分の間は、製品関連情報で埋めてください。


書き始めてしまえば、他のこと同様、流れるように
スムーズにいくでしょう。


スポンサーリンク