思わず目が行く見出し2

小見出しを考える

メインの見出しの下に、
2~3行使って、製品を薦める理由を書きます。


これまでに言ったことをさらに詳しく説明する、重要な部分です。
読者が先を読むかどうかは、この部分にかかっています。


素晴らしい小見出しを思いついたら、それだけで差がつきます。
×をクリックしてサイトから出て行ったり、ほかの部分に気をとら
れるのを防ぐための行です。


来訪者の気を逸らさず、読み進めてもらうのが目的です。
「ここで、読むのをやめないでください。このような重要なレター
を読まれたことはないでしょう。」


このような文には、なんの魅力もありませんし、興味も惹きません。
使い古された表現で、あからさま過ぎます。


こういう例はいかがでしょう?
「アフィリエイトマーケティングについてのお考えが永遠に変わっ
てしまうこの内容をお話する間、マウスから手を離し、おくつろぎ
の貴重なお時間を頂戴したいのです」


見出しからメインレターへ読み進ませるための、大事なポイントな
のです。


このページは、このページに来訪者を落ち着かせるための行です。
ポイントさえ満たせれば、この部分は完成です。


スポンサーリンク