プライベートラベルソフトウェアで稼ぐ

ライベートラベルソフトウェア商品の場合、商品の核となるテクノロジーは
別の人(あるいは会社)によって開発、所有されている場合があります。


一方リセラーは、そこに自分のブランドを置いたり、レイアウトやカラースキー
ム、ロゴ、言語などを利用し自分が作成したように見せることで、そのソフトウ
ェアをオーダーメイドすることができます。


さらに、そのソフトウェアにふさわしいプログラム名や会社名、サイト名を付け
ることもできます。


ソフトウェアのメーカーは、ブランド商品を完全なリセールライト付きでリセ
ラーに提供してくれます。


もちろん、販売方法やロイヤリティに関しては干渉しないという理解のもとで
あり、これはリセラーが独自で価格設定ができ、利益も自分のものにできること
を意味しています。


また、商品はフルバージョンでもデモバージョンでも提供することができます。
デモバージョンがあることで、それがダウンロードされる度にアクセスを増や
すことができるのです。


一般的に、リセラーが行えるプライベートラベリングとブランディングには二
つの段階があります。


一つにはリセラーが管理、実行するテストや調査、二つ目に同じ事をクリエイタ
ーやホストが行える技術やアプリケーションです。


ソフトウェアの所有権を譲渡する段階でクリエイターからおそらく提供される
のは、トランザクションのドキュメンテーションと、購入したリセラーがそれぞ
れタイトルにするためのURLです。


このURLで、リセラーはその所有権を他人に証明することができます。
ソフトウェアは、プライベートラベル付きで提供できる多くの商品の中の一つ
であるだけです。


素晴らしいマーケティング能力があるリセラーは、プライベートラベルライト
商品を工夫し、莫大な利益を導くことができます。
彼らがすべきは、自由に改良できる商品と、ふさわしい市場を見極めることです


スポンサーリンク