プライベートラベル E-BOOK で稼ぐ

ライベートラベル商品の中で、最も有益なものの1つにE-BOOKがあります。
従来、マーケターはE-BOOKの著者からリセールライトを購入し、その内容をその
まま再販売していました。


これは作者にメリットがありました。
作品に手を加えられることがなかったからです。


そのうえ、E-BOOKの多くは、作者が関心を持っている商品にリンクしています。
結果としてE-BOOKの売り手が作者のマーケティング・エージェントの役目も兼
ねていたわけです。


本が売れるたび、そこに含まれるアフィリエイトのリンクが各顧客の目に
行き渡っていたのです。


しかしながら最近、マーケターの間では新しいタイプのリセールライトが
ポピュラーになってきました。本を再販する権利だけでなく、そこで望んだ
どんなこともできる権利を得るものです。


法に触れることなく、ニーズに合うように本のコンテンツを編集したり、
変更したりできるようになりました。


リセラーにとっては、自分の顧客に合うようデザインされた材料から新しい
独自の商品を作り出せるというわけです。


プライベートラベルライトの下で再販されているE-BOOKは、たいていゴースト
ライターによって書かれています。


これらの作品は通常、文学賞を受賞したりベストセラーになる類のものではな
く、特定の市場に合った基本的なテキストです。


ニーズを満たしている

だからと言ってこれらに価値がないという意味ではありません。
ニッチ市場のニーズを非常に満たしていると言えます。


リセラーがターゲット市場で上手に操ることができるのなら、莫大な利益につ
なげることができるでしょう。


入手したプライベートラベルE-BOOKを最大に生かすためにリセラーができるこ
とは何でしょう?


できることはたくさんあります。

創造力を少し働かせれば、顧客が他で見つけられない本を販売することができ
るでしょう。


同じ商品を売っている他のリセラーと競争する必要はありません。
ターゲット市場に合うように本のコンテンツを変えることができるからです。


章の配列を変えたり、新しく加えたり、人目を引く新しいカバーを作ったり、タ
イトルを変更したり、画像やイラストを含むこともできます。


作者の名前さえ変えることができます。

そして、全体を吟味検討すれば、顧客がその価値を認める、
完全に新しい独自なものができあがるのです。


もちろん、マーケターが材料に対して何でもやっていいというこのアイデアに
関しては、反対意見もあります。


タイトルが違っても基本的なコンテンツは同じという本が市場にあふれる可能
性はあります。


マーケターは、利益を生み出す方法を探る手段としてプライベートラベルEBOOK
を捉え、大きなビジネスを構築するための手段とう視点も必要です。


スポンサーリンク