プライベートラベルライトでお金を稼ぐ方法

プライベートラベルライトは最上級ランク

プライベートラベルライトとリセールライトの違いがよく分からない人も

いるかもしれません。

リセールライトには再販する権利がありますが、フォームやデザイン、名前など
を変更することはできません。

一方プライベートラベルライトは、オリジナルを変更したり詳細を加えたりし
た上で、自分のオリジナル商品だと主張することができるのです。


プライベートラベルライトを獲得できる商品の例としては、E-BOOKやソフトウ
ェア、アーティクルなどがあります。


例えばE-BOOKを取り上げてみましょう。
E-BOOKの著者が“携帯電話の技術”に関してプライベートラベルライトを与え
るなら、内容をこの変わり続ける技術に見合ったコンテンツに変更することが
できるというわけです。


さらにそこにあなたなりの特徴をつけ加え、その技術について現在の傾向に最
も見合うサブトピックを作成することも可能です。


変更した後のE-BOOKには、自分の作品としてその権利を主張することができま
す。


あなたのアイデアがコピーされたり買われたりすることもありますが、変更さ
れたものから生じる“新しい”商品を再販する権利もあなたは持っているので
す。


‘新しいもの VS 変更されたもの’

ベーシックなビジネス講習で教えられるのは、特定の市場に「売れる」オリジナ
ルの商品を開発するということです。


オリジナルのデザインと機能があれば、その偉大な発明を市場で披露する道が
容易に開けるのはすでにご存知でしょう。


とはいえ、自身の商品を開発して作り上げるには、かなりの労力が必要です。
いったん生産に踏み切られれば、その商品からの利益を様々な方法で得られる
のはオリジナル商品のメリットと言えます。


まず一つ目に、自分の商品を全く変更しないで再販できる権利をビジネスオー
ナーに売ることができます。


また、商品に関するサイトを立ち上げたり、それに関連した他のサイトも通じて
宣伝をすることもできます。


商品が現在の技術的な規格に合っていない、顧客のニーズに応えていないと分
かった段階で、内容を変更します。


新しく変更を加えられた商品は、新商品として新たに再販する権利が与えられ
ます。自分の商品を一度でも開発できれば、可能性は無限に広がるのです。


今度は、プライベートラベルライトを獲得した結果、変更を加えられた商品のメ
リットとはどんなものかを見ていきましょう。


一つ目は

自分の商品を開発する時間がない場合に、ビジネスを非常に簡単に興
せる点です。


プライベートラベルライトを獲得すれば、知的財産権の侵害を心配せずにオリ
ジナルの商品内容を“合法的に”利用することができます。


これはE-BOOKやアーティクル、ソースコードなどの電子商材のほとんどに適用
されます。


二つ目は

既存の商品を変更する際に、自分の創造力を発揮することができる点です。


ありふれたテーマのアーティクルを10個集めて組み立てる場合、少し修正を加
えて一つのベーシックなアイデアに基づいたものを作り上げます。


そうすることでオリジナルのものよりも幅広いものができあがり、これは個々
に紹介していくよりもうまい方法と言えます。


また、オリジナルの資料とそのプライベートラベルライトを利用して、同じトピ
ックのサイトを展開していくこともできます。


プライベートラベルライトでお金を稼ぐ可能性は計り知れません。
プライベートラベルライトを提供するアフィリエイトサイトなどを見ると、修
正や変更はそんなに難しいものには見えません。


こういった状況から、多くのオンライン企業がチャンスをつかむ可能性がそこ
に潜んでいることが分かります。


ふさわしい材料を見つけることが大切です。
そうすれば、すぐに商品に仕上げることができます。
画像やテキストを変更、修正すればうまくいくでしょう。


素晴らしいのは、望んだようにリパックしてバイヤーに提供できる点です。
さらに、商品はすでにあなたのものですから、そこにあなたの名前を載せ、署名
を入れることもできるのです。


プライベートラベルライトを利用して創造力や工夫を少し働かせれば、ターゲ
ット市場に提供できる商品を作り上げることができ、結果として多額の利益を
得ることができるのです。


プライベートラベルライトがあれば、オリジナル商品を作り出し、それを概念化
する苦労がない一方で、利益に関してはオリジナルと変わらない結果をもたら
してくれます。


メリットとデメリット

リセールライトは、アーティクルや本の所有者が、それを他人に販売し利益を保
持する権限を売ることです。


一方、プライベートラベルライトは購入者にアーティクルやテキスト材料を好
きなように使うことを許可するものです。


PLRがあれば、自分で商品を作る苦労もなくして自身の商品を所有することがで
きます。アーティクルの所有権があれば、好きなように改訂や編集ができます。


さらに、そこにリンクを張ってもイラストや画像を付け加えてもよいのです。
しかもあなた自身の署名を入れることができます。


プライベートラベル商品には、情報商材やグラフィックファイル、ソフトウェア
なども含まれます。E-BOOKやレポート、アーティクルは中でも取り組みやすい材
料です。


PLRのデメリット

PLRアーティクルの唯一の弱点は、購入したアーティクルに独自性がない
ことでしょう。


販売数が限られているとはいえ、複数の人が購入するためです。
しかし、内容を変更することはできますから、独自性を出すように変更し、
オリジナルなものとなるよう作風やトーンをアレンジすることができます。


全く同じ“プライベートラベルライト”を持っている人がたくさんいても、
ライティングの才能があればオリジナルのアーティクルを作成でき、競争に
巻き込まれることもなくなります。


コンテンツを変える、章をアレンジする、不要な段落を削除する、魅力的なタイ
トルにする、著者の名前をあなたの名前にする、これだけ行えば他の誰とも違っ
たものができあがるでしょう。


PLRのメリット

1. 時間が節約できます。

よくリサーチされた、内容の濃いアーティクル、しかも何章も何ページも
あるものを書こうとしたら、少なくとも50時間くらいの時間と労力が必要でしょう。


PLRコンテンツがあれば、わずかな時間で満足のいくアクセスを得ること
ができます。


2. “アウトバウンドリンク”がありません。

PLRアーティクルでは、最後に“アウトバウンドリンク”を張る必要はあ
りません。


これにより読者はあなたのアーティクルにだけ注目できます。自分のサイ
トやアフィリエイターへのリンクは張ることができます。


3. コスト効率が良いです。

ライターを雇うにはコストがかかります。
平均してアーティクル一枚につきおよそ17ドルかかると言われています。


50ページのアーティクルの場合、850ドルもかかってしまうのです。
一方、一般的なPLRアーティクルは200点でわずか29ドル~30ドルです。


4. 改訂や変更ができます。

章を加えたり削除したりすることも、言葉を変えたり必要なキーワードを
加えることもできます。
これは、サーチエンジンの高ランキングに載せるためにとても有効です。


5. 自分の名前をブランドにすることができます。

買い物は信頼ある人、よく知っている人から行いたいものです。
PLRアーティクルでは自分の名前という大切な情報を著者として表示す
ることができます。


見込み客があなたのサイトに目を向ける時、そこにあなたの名前を見るこ
とで、信頼できると直感的に感じてくれます。


6. それだけで完全なものです。

PLRアーティクルは一見しただけでも、ポイントと要素が完璧に押さえら
れたものとして提供されます。


7. エキスパートが書いています。

一般的に、“プライベートラベルアーティクル”のほとんどは経験豊富な
ライターによって書かれ、それは最新の研究、調査、および情報に基づいて
編集されています。


信頼できる人から“プライベートラベルアーティクル”を購入して利用
すれば、上質のものを手に入れたことが保証されます。


条件を必ずチェックし、アーティクルの内容を変更できることを確認しま
す。PLRアーティクルを最大限生かし、利用できる唯一の方法だからです。


プライベートラベルアーティクルやE-BOOKは、ウェブマスターの要求を満たし
てくれるものです。


くまなく調べられた市場での具体的な問題や疑問に応えるように書かれている
ためです。上手に市場で売り込めば、確実に売上げにつながるでしょう。


スポンサーリンク