クリックしてもらえるリソースボックスを書く

インターネットは情報ハイウェイである


このフレーズは至る所で使用され、インターネット格言賞にノミネートされても
いいくらいです。


インターネットを利用する人の目的はいくつかに分かれますが、大抵は情報を
探しています。


その目的がゲームやビジネス、楽しみなど何であれ、インターネットは私たちに
情報を与え、非常に有益なものとなっています。


今日に至るまで、多くの人々がサーチエンジン最適化について学んできました。
アーティクルがアクセスに効果を与えるという事実を知ったサイトの数は増え
続けています。


アーティクルの提供だけに専念しているという人もいるくらいです。
サイト訪問者がそれを読めば、同じトピックや主題に関連したその他多くのサ
イトにリンクを張ってもらえるからです。


例えば、あらゆるジャンルに関した数多くのアーティクルを特徴としたサイト
があるとしましょう。


サイト訪問者は探していたアーティクルを読み、その終わりの部分にリソース
ボックスを見つけることができます。


ここからアーティクルを提供したサイトにリンクすることができるのです。
アーティクルの内容は当然サイトと関連しています。


アーティクルがタイヤに関する内容で、リソースボックスがそのタイヤや車の
部品を販売するサイトへ導く、といった具合です。


リソースボックスとは、通常アーティクルの終わりに見られるものです。
著者の名前、著者やスポンサーサイトについての簡単な記述、そしてリンク先が
載っています。


読者がアーティクルの内容を気に入れば、より多くの情報を読むために、どこか
ら来たアーティクルなのかを知りたくなります。


リソースボックスがアーティクルの発信源へリンクすることで、読者を興味あ
るトピックのサイトに誘い出し、そこでより多くの情報を与えることができる
のです。


しかし、リソースボックスもアーティクルそのものと同じように、読者の注意や
関心を引くものでなくてはなりません。


リソースボックスのスペースは小さいですが、適切なキーワードと内容を載せ
ることで、十分に読者をサイトに導けるものになります。


さて、リソースボックスについてはお分かりになりましたね。
では、このリソースボックスのメリットとは一体何でしょうか?


あなたのサイトへアクセスを導いてくれます。

アーティクルを置いてくれるサイトはたくさんあります。
アーティクルを載せることでページを満たすことができるからです。


彼らは利益になりそうな他のサイトとも提携します。
スポンサーサイト側からすれば、あなたのリソースボックスがクリックされる
ことで見込み客のアクセスを増やすことができるわけです。


では、リソースボックスに適したコンテンツとは何でしょうか?
基本的には、それはキーワードです。


検索によく使われる適切なキーワードを研究しましょう。
キーワードの選出の助けになるツールはインターネットでたくさん見つけられ
ます。


リソースボックスには創造力を最大限に働かせます。
この小さなスペースをできる限り活用しましょう。
視線を向けてもらえるようなコンテンツにします。


テレビ広告と違って視覚材料はありませんが、代わりに読者の想像力が
あります。


適切なコンテンツとは、読者に考えさせたり興味を持たせたりすることが
できるコンテンツです。


もう一つのコツは、サイトに関連するキーワードを使用すること

見込み客を間違った方向に導かないようにしましょう。
信頼を築けば、それだけ多くの人があなたのサイトに来てくれます。
そして、どんなものをオファーしているのか見てくれるでしょう。


印象の残るコンテンツを書いてリソースボックスをクリックさせましょう。
彼らをその気にさせるチャンスは一度だけです。


リソースボックスを見くびってはなりません。
サイズは小さいかもしれませんが、サイトへのアクセスを導くという重要な役
割を担っています。


魅力のないリソースボックスでは、収益につなげることはできません。
創造力を働かせ、サイトに行けばオファーするものがたくさんあることを伝え
ます。


入れたい内容が多すぎてサイズに見合わなくなりそうですか?
そうですね、上手に行う秘訣はたくさんありますが、まず第一歩は、
このリソースボックスがいかに重要なものかに気付くことです。


スポンサーリンク