アーティクルを読んでもらうには― 最新の秘密情報

あなたのメッセージや情熱を伝える


アーティクルを書くことをひどく心配する人はたくさんいます。
大変な労力がかかるし、読者がいなければ時間の無駄になるだけだと感じて
しまうのでしょう。


一方、つまらなくて刺激のないアーティクルを読むのは労働のように感じると
いう人もいます。アーティクルは読まれるべきものであり、
目的はあなたのメッセージや情報を伝えることです。


読まれないものであるなら、それは時間と努力の浪費でしかありません。
しかしそうだとしても、アーティクルは読んでもらうために書かれなくてはな
りません。


書く内容を良くすればよい

良いアーティクルを書くために力をふりしぼる必要はありません。
知っておくべき事、従うべき事がいくつかあるだけです。


いったんそれを習得してしまえば、アーティクルを書くのが面白くなり、
同時にサイトにも利益をもたらしてくれるでしょう。


あなたがサイトをお持ちなら、おそらくそのサイトのトピックやテーマに
関する分野の知識は十分にあるでしょう。


当然、アーティクルの内容もあなたがよく知っている分野でなくてはなりませ
ん。既によく知っている事なら、書くのに苦労することはないはずです。


問題は、内容をいかに創造的で面白いものに仕上げるかということです。
あなたのアーティクルを楽しんで読んでもらうために、六つの最新のコツを挙
げてみましょう。
読みやすくて面白いアーティクルを書くことができるようになるはずです。


1)段落は短くする。

段落があまりに長いと、読者は混乱してしまいます。
読み続けるのが困難になってしまうのです。


読者はこのアーティクルを見放して、もっと見た目の良い、読みやすいものへ
と移ってしまいます。
段落というのは一文、時には一単語でも成り立つものなのです。


2)中点を利用する。

それぞれの要点が強調されているとき、番号や箇条書きの中点を使うと頭に
入りやすく、また整理しやすくなります。


ポイントやコツ、ガイドなどはこの中点で始めると、読者はどこでそれが始ま
り、重点が置かれているのかが分かります。


番号や点はインデントで一段下げて始めると、目に留まりやすくなります。
ちょっとした工夫で読みやすいアーティクルができ上がるのです。


3)ページ内の段落分けにはサブ見出しを使う。

これを行うと個々の構成はくずれてしまいますが、全体の内容としては変わ
りません。


読者にとっても、ポイントごとに読み進める方が分かりやすいでしょう。
文章を読み進めるのはスムーズに、かつ簡単でなくてはなりません。
重点を置いている箇所へ必ず注意を向かせるようにしましょう。


4)注目を集めるタイトルやヘッダーを用いる。

タイトルが読者を誘惑することができれば、アーティクルを読ませる目的の
半分は突破しています。


人々が探しているキーワードを用い、話しかけたり質問をするような文章を
作ります。


タイトルやヘッダーでアーティクルの内容を説明しますが、短くて、簡潔なも
のにしましょう。


例えばこんなタイトルはどうでしょう;“彼女にもっとあなたを求めさせる
秘訣”“彼女を夢中にさせるには”。


命令するような口調のタイトル、例えば“六つの簡単な手段で彼女をものに
しよう”というのもよいでしょう。
こういったタイプのタイトルは人の感情に働きかけ、興味をそそります。


5)始めから終わりまで関心を逸らさない。

冒頭部分から、読者が取り入れられるような実際の状況を盛り込みます。
ポイントに導いていけるような記述や比喩を工夫して下さい。


やりすぎはいけません。
分かりやすい比喩を使って例を挙げ、その内容がイメージしやすいように、
読者の心が動くようなものにしましょう。


6)必要に応じて数字を盛り込む。

具体的な事実や数字を用いると、知識豊かな信頼度の高いアーティクルにな
ります。しかし、あまりフォーマルだと印象的でなくなってしまいます。


勉強熱心な生徒と談話するフレンドリーな先生になったつもりで書いてみま
しょう。


スポンサーリンク