アーティクルディレクトリ(情報の記録)に載せる前に しておくこと

情報起業が人気


ライターもそうでない人も、自分のライティング力を見つめ直す時が今まさに
来ています。現代の通信技術のおかげで、情報ベースのマーケティングが
人気を高めています。


非常に優れた、効果的なテクニックの一つであり、ターゲットの絞られた見込み
客がサイトを訪問し、顧客となってくれます。


これはアーティクルがポピュラーになっている理由でもあります。
より簡単にアーティクルを配布するためのツールはすでにたくさんあります。


コンテンツをより世間の目にさらすために貴重なものですが、それだけでは実
は目的の半分しか達成できていません。


最初に、アーティクルディレクトリにコンテンツを投稿する前にやってしまい
がちな、一般的なミスを見てみましょう。


1. アーティクルを書く理由とプロモーションする理由を混同している。

アーティクルを書く上で、それをプロモーションするメリットは三つありま
す; ブランディング、リードジェネレーション、そして宣伝です。


これらは、アーティクルを最大限に生かすために行うことです。
しかし、アーティクルを書く目的はたった一つ、読者に情報を与えることです。


もしこの一番重要な目的に焦点を合わせられないと、誰にも読んでもらえず、
上記の三つのメリットは生かせないでしょう。


まずは、どうすればアーティクルを読んでもらい、リソースボックスをクリッ
クしてもらうかを明らかにしましょう。このためには、より良いコンテンツで
アーティクルを仕上げることが大切です。


2. アーティクルマーケティングのプロモーションが生かす

アーティクルによってサイトへのリンクを増やすことができるのは既にご承
知のとおりです。


しかし、同じアーティクルでもっと多くの訪問者を獲得し、もっと良いサーチ
エンジンの結果も出せるのです。


戦略的な位置にキーワードを盛り込みます。これは決してやりすぎてはいけません。
アンカーテキストを使用する人もいます。


これも有効な手段ではありますが、ほとんどのディレクトリはこれをサポート
できないのを覚えておいて下さい。アーティクルはサイトへのリンクのためだけに
機能しているのではありません。


アーティクルマーケティングでうまくいっているということは、数多くの読
者を持つ発行者の目にも留まり、他のブランドへの影響力も持っていること
も意味しています。


サーチエンジンの結果が良ければ、それも大きな利益につながるでしょう。
しかし、上記のことだけでは十分な収益は得られません。


さらに収益を上げるためには他にも要因があります。
サイト訪問者の数を増やすだけでは足りないのです。
計画的にスタートし、アーティクルがきちんとその機能を満たすよう
目を向けましょう。


3. コンテンツが読者の役に立っていない

アーティクルを書く過程で、きっとあなたは、希望したアーティクルは
みな自分のサイトにリンクし、そこから来た訪問者は良質だと思うでしょう。


聞いて下さい、全てのアーティクルディレクトリがコンテンツを機械的に受
け入れてくれるわけではありません。


受け入れるアーティクルに一定のガイドラインや規定を設けているところが
ほとんどです。


ディレクトリ側が共有したいアーティクルを書くことによって、載せるサイト
の数を倍にすることができます。


一夜にしてポテンシャルの高い読者を増やしてくれるのは、実は数え切れない
ほどの読者を抱えた一人の発行者なのです。


アーティクルマーケティングをもっと効果的に運営したいのなら、発行者が望
むようなアーティクルを書きましょう。


このためには、標準のガイドラインに従い、誤字脱字をなくし、良いトピックに
ついて研究し、さらに必要ならあなたに代わってライターを雇うことも厭って
はなりません。


結局、全てはあなたのチョイスによって左右されるのです。
基本的なレベルで、徐々にリンクが増えていくようにアーティクルの露出を控
えめにスタートしても良いでしょう。


あるいは、多少時間がかかっても上質のコンテンツを作り、露出を最大にするこ
とに重点を置いても良いのです。あなた次第です。

ディレクトリに投稿されたアーティクルの露出が、少数の専門的な、非常にター
ゲットの絞られたコンテンツのアーティクルと同じレベルでないことにまだ気
づいていないのかもしれません。


これら二つの違いを学べば、どんなアーティクルを書いていけばよいかがはっ
きりと分かってくるでしょう。


スポンサーリンク