あなたの創造力を生かせる 五つの簡単な方法

想像力が重要

アーティクルを書くというのは、単に考えを文字にして書き留めることではあ
りません。読者の関心を引きつけ、読み進めてもらわなくてはならないのです。


あなたメッセージを送るにはまず、読者の注意と関心を向け、好奇心をそそられ
る内容である必要があります。そのために大切なのは、何と言っても創造力です。


創造性は誰にでもあるものですが、行き詰まるとおかしくなってしまう人もい
ます。ライターの多くは行き詰まると文字通り頭をかきむしり、それ以上創造力をめ
ぐらせることができなくなってしまうと言います。


言葉を使って読者の心にイメージを作り出すのは、芸術的ともいえる手腕が必
要です。はっきりと分かりやすい描写には、創造性に頼る部分が大きいのです。


直喩や隠喩を使うのも良いでしょう、しかし言葉と言葉、文と文、そして段落と
段落の組み合わせを上手に工夫することでアーティクル全体をずっと良いもの
にすることができます。


何も思い浮かばなかったら、どうしたらいいでしょうか?
パーフェクトなアイデアを得るための必勝法はありませんが、創造力を働かせ
られるようになるための簡単な方法があります。


あなたが完璧なマインドを持っているとは誰にも保証はできませんが、その状
態に近づく助けとなる方法はたくさんあります。
簡単な方法を五つご紹介しましょう。


1)日記を毎日つける。

見たり聞いたり、においをかいだり、どんなことでもアイデアの引き金となる
のです。感覚は、すばらしい考えを見つけるためのレーダー(探知機)です。


あらゆることを日記に書き留め、将来参考とするために残しておいて下さい。
他にも読んだものや聞いたこと、誰かのアイデアなども、自身のアイデアを発
展させる助けとなるでしょう。これは盗作にはなりません。


アイデアや創造性はどんな所からでもわいてきます。
それを発展させ、あなた独自のものにするのです。


2)リラックスし、時間をかけて心の中を整理する。

混乱した思考力では、新しいアイデアが浮かぶスペースもできません。
全速力で創造性を働かせたいのなら、誰しもクリアな思考力が必要です。
創造性を邪魔するようなものは取り除いて下さい。


頭を悩ませるものがあると、集中することができないものです。
経験したこと、他人とやりとりしたことを考える時は、常にリラックスしてい
るようにしましょう。


経験によってあなたのものの見方や考え方が形成され、それは書くことに反
映されてきます。自分を発見する努力をしましょう。


どんなことであなたの心が動かされるのか、自分自身を研究するのです。
どんなことに感激するのか、あるいは腹が立つのか、こういった感情は自分自
身やアイデアを表現するのに役立ち、創造性を育てることができます。


3)創造力がわいてくるような環境を作る。

幸せを感じたりリラックスすることができないのなら、職場環境が妨害にな
っているということもあります。創造力は心が良い状態にある時にわいてきます。


集中できない乱雑とした場所では、あなたの創造性も働きません。
幸せを感じられるもの、リラックスできるもので職場を取り囲んでみましょ
う。


写真を飾ったり、香りのあるものを置いたり、創造性が働くようなものを何で
も置いてみましょう。清潔で片付いた場所だと集中することができます。
すっきりとした環境で集中できれば、時間の経過も忘れてしまうでしょう。


4)ムードを作る。

ムードを作るには、思考力がベストに働く感情に引き込まれる必要がありま
す。どんなことでその感情に入れるのか、それを知ることが創造力を発揮できる
助けとなるでしょう。


ムードに一定のリズムができれば、あらゆることがそれに続いてくれます。
ムードを作る方法はたくさんあります。


ライターの中には、頭と心を創造力で満たすためにワインを一口飲むという
人もいます。ムードを高める音楽を流したり、照明や環境を工夫する人もいます。


5)いつもと違うことをやってみる。

思うままに楽しむことで、創造力がワイルドになるアドレナリンが作り出さ
れます。冒険してみましょう。


いつもと違うことを経験することで、マンネリな日常から抜け出すことがで
きます。創造力がまたたく間に働き出すでしょう。


スポンサーリンク