アーティクル全体のアウトラインを 作成する方法

アウトラインとは「物事のあらまし、大要」


くという行為は、中学から高校に至るまで誰もがやらされてきたことです。
大学では論文も書いたでしょう。


しかしどれだけこなしてきても、アーティクルを書くのは避けて通りたい仕事
だという人は多いでしょう。


アーティクルがマーケティングの助けとなっている現在、敬遠しがちなこのラ
イティングという仕事に我々は直面しなくてはなりません。


アーティクルを書くことに対してそれほど苦手意識のない人もたくさんいます
が、中には、そんな事をするくらいなら熱い石炭の上を歩くほうがましだという
人もいます。


何が違うのか、それは、アーティクルを書く際の方法や手順を知っているかどう
かです。


アーティクルに書く段階になったら、まず最初にすることはアウトラインの
作成です。


アウトラインを作成することで、頭の中の整理ができます。
プランを順序立てて組み立てていけば仕事もやりやすく、早くこなすことが
できます。


方向を見失うようなこともなくなるでしょう。
アウトラインを作成することは、アーティクルをデザインし、青写真を作る
ようなものです。


文章全体を組み立てる助けになる

あなたが感じたことを盛り込めば、それがアーティクル全体の中で映えてきま
す。読者にとって創造的で面白い、魅力的な内容になってくるでしょう。


じっくりとプランを立てて準備を怠らなければ、大きな苦労や心配もなく、
順調に進んでいけるはずです。


アウトラインを最初に作成しておけば、アーティクルを書くのも難しくは
ありません。ここで、アウトラインを作成するためのコツをお教えしましょう。


まずは思いつくままにいくつかアイデアを出し、良さそうなものから書き留め
ていきます。


読者の関心を引きつけるにはどうしたらよいかを考えます。
アーティクルに費やせる時間に制限を設け、その時までにあらゆる下調べや
情報探しができているようにしましょう。


そのトピックに精通するまで、書き留めたアイデアを繰り返し読み直します。
こうすることで次にアーティクルを書くのが楽になります。


次のステップは、サブトピックとサブタイトルを見つけ出すこと

アーティクルの最初の一文で読者を即座に引きつけるためには、サブトピック
も必要になります。


アーティクルの要点となる、あらゆる事実を集めましょう。
アーティクルの骨組みとなるものがこれでできますから、次は肉、すべての段落
とサブトピックを結びつけていきます。


それぞれの段落につながる序章があれば、当然結びも必要になります。
結論ではポイントを要約し、アーティクルで言わんとしていることを
たたき込みます。


アウトラインを書くには下書きが必要

根気のいる作業ですが、これには大切な目的があるのを忘れないで下さい。
下書きを書くことでアウトラインはより磨きがかかります。


また、これはあなた以外の人は見ないものですから、恥ずかしく感じたりするこ
ともないのです。


書き進めていけば、全体の絵がはっきり見えてきます。
需要にパーフェクトに見合ったアーティクルを仕上げることができるでしょう。
書いた内容は何度も読み直して下さい。


常にアウトラインを参照することで、初めに書いた内容から逸れていくことは
ありません。


アウトラインは、書いている内容を見失わないための助けになります。
アウトラインに費やされた時間は決して無駄ではありません。


アーティクルを書く際に必ず役立つはずですから、ぜひ信頼してアウトライン
を書いてみて下さい。


スポンサーリンク