アーティクルマーケティング入門(コンテンツビジネス)

無料でプロモーションする



イトや商品を無料でプロモーションできる方法があるのをご存知ですか?
おまけに、この“無料”の方法を使うと売上げがアップし、収入が何倍にもなる
のです。


ーティクル(article)とは記事のことです。

アーティクルマーケティングとは書いた記事・ページをリンクフリーにして
「あなたのブログやサイトで私の記事やコンテンツを引用しても良いですよ」
という形式を取ることで拡散していく手法です。

記事やページだけでなく動画や無料レポートなどWeb上のコンテンツ全般に
対してアーティクルマーケティングを仕掛けていくことが可能です。


アクセス数、収益ともに上げることのできる最も簡単なプロモーション方法の一つ、
それがアーティクルです。では、どのように機能するのでしょう?


それはあなたのサイトに関連したアーティクルを書き、サブミッションサイトの
“フリーコンテンツ”に投稿します。(まぐぞうなどの無料レポートスタンド)


簡単でしょう、これだけでサイトへのアクセス数や売上げはもちろん、収入も
増えてくれるのです。


アーティクルを書くことで、なぜアクセス数や収入が増えるのでしょう?
フリーコンテンツのアーティクルにはサイトへのリンクが張ってあります。


アーティクルを読んだ読者のうち、そのリンクをクリックしてあなたのサイト
を訪問してくれる人がいるかもしれません。


また、あなたのアーティクルを他のウェブマスターのサイトに載せてもらうこ
とも可能です。


そうすると、アーティクルにはサイトへのリンクが張ってありますから、そこで
アーティクルを読んだ人が、あなたのサイトに来てくれる可能性もあります。


アーティクルのリストが増えれば様々なサイトに載る機会が増え、結果として
サイトへのリンク数も膨らみます。


主要なサーチエンジンはこのサイトへのリンクに重点を置き、この数から重要
なサイトを見極めています。


サイトへのリンクが多ければ多いほど、サーチエンジンはそれが重要なサイト
なのだと認識します。これが検索結果での配置に影響してくるのです。


あなたがサイトで商品やサービスをプロモーションしているのなら、アーティ
クルからリンクが張られることで、その分見込み客が増えてくるでしょう。


訪問者がブラウズするだけだとしても、将来あなたの商品が必要となる可能性
は否定できません。


欲しいものが決まっているとしても、オンライン上にたくさん選択肢があって
決めかねているという人もいます。


たまたまあなたのアーティクルに出くわし、コンテンツに興味を持ってあなた
のサイトを訪問し、プロモーションに惹かれるということもあります。
とっても簡単なんです。


サーチエンジンはウェブサイトだけにではなく、アーティクルにもインデック
スをかけます。


ですから、あなたのサイトのトピックに関して書かれたアーティクルもその対
象となります。


同じトピックを検索する人がいれば、検索結果にはあなたのサイトや、あなたの
書いたアーティクルが載るということもあるのです。


さらには、そうして自分のサイトを訪問してもらうために、あなた自身が努力す
る必要は全くないのです。
アーティクルとサーチエンジンが全てを行ってくれるからです。


自分たちのサイトに関するアーティクルを書こうと、多くのウェブマスターが
時間をかけるようになったのも無理はありません。


アーティクルでリンクやアクセスが増え、訪問者がネット検索できるようにな
れば、そのサイトの認知度はますます高くなります。


現在、オンラインでの買い物を必須としている人はたくさんいますから、アーテ
ィクルを通してサーチエンジンにサイトを載せることは、彼らにあなたのビジ
ネスを知らせるための大切な手段の一つと言えます。


アーティクルの良い点は、人々が知りたいと思われる内容を書けることです。
肩のこらない、しかし専門的な内容で、あまり見え透いていない宣伝も取り込み
ます。


考えてみると、アーティクルを一つ書いてフリーコンテンツのサイトに投稿す
るのは数分もあればできる作業です。


一方、数分という短い時間があれば、アーティクルが多くのサイトに行き渡るに
は十分で、その数はおそらくあなたが想像する以上にのぼるでしょう。


あなたが実態を把握しきれる前に、サイト訪問者の数がこれまでよりずっと増
えるのです。


アーティクルを書くのが時間の無駄だと思うのなら、早送りしてアーティクル
が発行され、ネットで広がっている状態を想像してみてください。


あなたのサイトや商品、サービスに人々が注目し、関心を向けるようになってい
るのは間違いありません。


アーティクルをぜひ書いてみて下さい。
アクセス数やリンクポピュラリティがぐっとアップします。


それに合わせて収入もまたたく間に増えていくでしょう。
無料のものから利益を得られるほど良いことはありません。


スポンサーリンク